> 趣味・ライフスタイル > あなたは髪型で損をしていませんか?自分に似合う髪型の極意

あなたは髪型で損をしていませんか?自分に似合う髪型の極意

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.02.21

男性から女性を見た時、ぱっつん前髪の評判はあまり良くないようです。しかし、周りを見渡してみてください。ぱっつんと揃った前髪の女性って、案外多いと思いませんか?

どうして女性にぱっつん前髪が多いのかというと、小顔効果があるからなのです。顔が小さいと、可愛い効果も生まれますし、スタイルも良く見えます。

確かに、おでこの面積を髪の毛でしめてしまえば、その部分の顔は見えなくなるわけですから、物理的に小顔になるという理屈はわかりますよね。

あなたは今、どんな髪型をしていますか?職種や服の趣味などにもよると思いますが、ロングであったり、パーマをかけていたり、短髪であったり、さまざまな髪型がありますよね。

昔は男性は床屋さんで髪を切っていたものですが、今はもう美容室で髪を切る時代です。どれほどの男性が髪型に気を使っているのか、よくわかります。

しかし、どんなにパーマをかけて、色を明るくして、おしゃれっぽくしてみたところで、似合っていないのであればいっそ坊主にした方がマシです。

そういった男性が街中で歩いていると、大勢目につきます。どうしてそんな髪型にしたのか、問い詰めたくなる場合もあるほどです。

男性から見た女性のぱっつん前髪があまり理解されていないように、女性から見た男性の髪型も、理解しがたい場合もあります。

例えば、服装がものすごく地味で、身長が低いのに、ホストのような髪型をしている男性。一番最初にこの例を挙げたのは、私が街中で見る残念な男性陣にこのパターンが多いからです。

ホストとまではいかなくても、流行なのかなんだかわかりませんが、ふにゃふにゃのパーマをかけてゆるい格好をしている人も同様です。

頭からつま先まで、自分のファッションに自信のある人は、そういった格好をしていても違和感は無いのですが、たいがい違和感のある男性ばかりです。背伸びをして髪型だけでもがんばろうとしているのが見え見えで、切なくなります。

あとは、髪の長さはちょうどいいのにセットしていないとか、ワックスで決めすぎていてラフ感が無く、髪型だけ浮いている場合とか・・・。

年齢や見た目、場合によってケースバイケースなのはわかりますが、本当に今の自分の髪型が一番自分に合っているのか、もう一度見直してほしいと思います。

そこで、今ここまで文章を読んで自分の髪型に自信を無くしたあなた。次回髪を切る時に、美容師さんにそれとなく聞いてみましょう。

「今までとちょっと違う髪型に変えようかなと思ってるんだけど、どんな髪型が似合うと思う?」と聞いてみて下さい。

そこで、「今の髪型が一番似合っていると思いますよ」と言われたら、どこが具体的に合っているかすかさず聞いて下さい。

そこで、えーっと・・・と言いよどむようでしたら、あなたの髪の毛をいつも通りに切って楽をしたいから、面倒なので口先だけで言ったと考えて良いでしょう。

しかし普通なら、相手もプロですから、あなたの顔の形はこうで、耳の位置や顔の幅、雰囲気から考えて今のが一番似合っていると思いますよ、と具体的に言って貰えたのなら、その言葉を信じて今の髪型をキープしてください。

もし、こんな髪型も似合うと思いますけどね、と提案されたら、その流れでもどういった根拠で似合うのかきちんと聞いて、納得いった上で切って貰って下さい。

客観的に他人から見た自分というのは、自分が自分で見る鏡の中の自分とは全く違う生き物です。他人の目線の方が正しいと言っても、過言ではありません。

顔と直結する髪型の部分は、見た目の印象を大きく左右します。軽く見ず、最も自分に似合う髪型を見つけましょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加