> 趣味・ライフスタイル > 人間関係のトラブルになる競争心を和らげて、幸せ度を上げる方法

人間関係のトラブルになる競争心を和らげて、幸せ度を上げる方法

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.06.06

あなたは、誰かに負けてる勝ってると、心の中で競争心が湧いてくることはありませんか?もしそうであれば、それが人間関係において邪魔に感じる、自分の嫌いな一部になっている人もいるかもしれません。

もしくはその競争心があるからこそ勝った時の喜びが大きいと感じてある意味競争心がスイッチになっている人もいるかもしれませんが、もし自分が勝てば相手が負けを感じてどちらも良い気持ちになることはないかもしれません。

競争心は誰でも持っている?

競争心が色濃く出ている人もいれば、密かな競争性を感じている人もいたり、人それぞれ強弱はあるにしても競争心は誰でも出てくる気持ちのようです。

競争心があるからモチベーションになることもあるかもしれませんが、これが強いと常に戦いの意識が強くなり、勝っている時は優越感を感じ、負けている時は敗北感を感じる、そこに幸せや心の平安はないかもしれません。

世の中で成功しているといわれる人でもこの感情のゲームの中にいる人はいて、それは幸せや情熱というよりも、誰かに勝って優越感を得たいがために行動している人もいます。

ですが、それをしているうちはいつまでたっても、そして1つのスポーツでも仕事でも、勝ったという気持ちを感じたとしても、また時間がたつにつれ競争心が湧いてきて、それに行動を振り回されることにもなりかねません。

競争心は人間が誰でも持っている「自分には足りないものがある」という欠乏意識から出てくることで、その足りないものを持っている人のほうが勝っている、だから自分もそれを手に入れれば満たされると感じるようです。

これは勝っている時には感じませんが負けている時に感じるもので、しかもその勝ち負けは自分の気持ちの中での判断基準なので、それも自分も周りも振り回す原因になるでしょう。

「そんなことどうでもいいじゃん」と思うことでも競争する人がいるのは、それに勝つことで自分の満たされない部分が満たされると思っているからそういった行動をするようです。

豊かさマインドを身につける

欠乏の反対は豊かさで、自分が満たされていると感じることが欠乏意識を和らげてくれるでしょう。

人間は一度手に入れたもののありがたみを忘れて次々と新しいものを欲しがりますが、もちろんそれによってその分野ではより一流になったり自分の好きを追求することになりますが、そのバランスが欠けてしまうといつまでも新しいものを求め続けて少し豊かさを感じてもすぐに欠乏を感じて新しいものを求めるようになる可能性があります。

豊かさマインドを高めるためには、すでにあるものにありがたみを感じて、それを手に入れた時の喜びや感謝の気持ちなどを思い出すことが出来れば、すでに自分はこれだけ沢山のものを持っているという気持ちが湧いてきて、欠乏マインドを和らげることが出来るでしょう。

競争心によって発展してきた産業もあるでしょうが、これもバランスが取れないと感情に身を任せた過剰な行動を起こすことや、周りの人に迷惑をかけることもあるので、普段から豊かな意識を持っていることは常に出てくる競争心を和らげる良い方法になるでしょう。

競争か協力か

競争は相手と競うことですが、協力は相手と助け合うという意味で使われます。

欠乏意識が強いと自分の欲しいものを持っている相手から得ようとする競争意識が強くなりますが、豊かさ意識が強いと自分に足りないものはないという気持ちが強くなり、逆にそれを求めている人や自分が楽しいことを表現することで、周りの人と楽しみあいたいという協力意識が強くなるようです。

競争する人にも優越感という快楽を感じることも出来ますし、協力する人にも幸せや心の平安などの快楽を感じることが出来るでしょう。どちらを得たいかは自分次第ですが、競争し続ける人生には他の人と心から繋がるという幸せや心の平安は得る機会は非常に少ないかもしれません。

他人に勝って優越感を得るのは、他人は負けて敗北感を感じることになるので、もし恨まれるようなことがあれば、そのエネルギーが自分の運気を下げることにもなりかねません。成功している人ほど妬まれないようにしないと不幸な出来事が起こるという人もいて、最後もやはり人との繋がりが大切なようです。

インターネットのように顔が見えないメディアではなおさら批判と支持がはっきり分かれます。

自分のやっていることに興味がない人にまで優越感のエネルギーを与えてしまうと、それがお金や健康、人間関係といった失敗と成功と分かれるような分野であればあるほど、関係ない人から批判を受けることになり、それがインターネットの買い物サイトや動画サイトでの批評に繋がるようです。

競争心に振り回されず、まず自分を満たした状態で世界が見れるようになると、欠乏意識から見る世界と違って見えるようになると思います。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加