> 趣味・ライフスタイル > 女性社員から嫌われなくなる?口臭の心配をゼロにする3つ対策

女性社員から嫌われなくなる?口臭の心配をゼロにする3つ対策

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.02.02

2014_2_23

他人には知られたくないけど口臭で悩んでいる人は多いはずです。
一度誰かに口臭を指摘されて以来、それが気になって仕方がないという人もいるのでは?

そのために、人と話すときは口を手でさりげなく塞ぐ、といったような対策をしていることでしょう。

とくに、会社の女性社員には気をつかいます。仕事のためにどうしても顔を近づけて、話をしなければならない場面も多いはず。しかし、自分の口臭が気になって話に集中できないということになりかねません。そうならないように、口臭の心配をなくす重要な3つを紹介します。

1、食事をするときに

まず口臭で考えられるのは、胃の中で消化をしているときに出てくる臭いです。消化に時間がかかる場合は、胃の中のものはもちろん酸化し、臭いを発し始めます。そうなると、どんなに歯を磨いても臭いが出てきます。
そうならないように、まずは野菜を多くとることを心がけ、そして噛む回数を倍、さらに倍にしてください。

野菜は、消化がしやすいですし、噛むことで胃に入る前に消化を助けてくれるので重要です。これをやるだけで、まったく口臭がなくなる人も少なくありません。
もちろん、ニンニク、アルコール、煙草は、口臭を発生させる大きな原因ではあります。しかし、しっかりとまずは胃を整えることで、口臭を押さえましょう。それでも駄目なら、アルコール、煙草を控えるなどの対策をとればいいのです。

2、姿勢を正す

関係がないようであるのが姿勢です。代謝をよくすることで、口臭というのはかなり減ります。唾液が多く分泌され、胃の消化もよくなります。姿勢を正すというのは、その代謝にとってはすごく大事なこととなってくるのです。

まずは椅子に座ることが多い人は、姿勢を正し、パソコンなどの画面からは最低でも30センチは離れてください。ものを書くとも同じです。そして、歩くとき、立っているときは、尻の穴をしっかりとしめ、少し胸を張るようにしてください。そのとき、裸の自分を見られているよう想像するといいです。
これだけです。もちろん、プラス運動をすることで、代謝はもっとよくなりますが、まずは姿勢を正すようにしてください。

これは口臭だけでなく、排便にも効果をもたらします。口臭も排便もよくなることで、健康的な体を手に入れることができるのです。

3、歯を磨き、舌を磨く

歯を磨くこと、これが、一番セオリーな方法だと思います。歯についている歯垢を放っておけば、それは臭いを発しますが、そんなに多い量ではありません。多いのはやはり舌の上です。鏡を見て、舌を出してみてください。

白いものが、コケのようについている場合に、それが臭いを発していることがあります。舌垢というもので、舌の上に蓄積した歯垢だと思ってください。これを取り、舌を綺麗にすることも口臭をなくす一歩にはなるはずです。
しかし、注意が必要なのは、舌垢は必要だからついているということです。多量にある場合は、もちろん掃除が必要ですが、あまり取り過ぎると、過剰に反応してしまい、以前よりももっと多くの舌垢がついてしまう、という可能性もあるので気をつけたいものです。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加