> 趣味・ライフスタイル > 言葉がもたらすパワー!?口ぐせで自分の未来を変えていく習慣!

言葉がもたらすパワー!?口ぐせで自分の未来を変えていく習慣!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.03.07

私たちが普段何気なく発している言葉ですが、この言葉という道具を使えるのは人間のみで、人間にしか作用しない特別な効果があります。

言葉はただ相手に何かを伝えるだけの道具ではなく、人生をも左右してしまうほどの力を持っています。言葉や口ぐせで自分の未来を変えていきましょう。

言葉は自分に直接作用する!?

言葉には特殊な力があります。それは言葉を使える人間にしか作用しませんが、人間にとってはとても大きな力となるのです。

そして、普段何気なく発している言葉や人に発している言葉は、すべて相手のためではなく、自分のためになります。相手に何を行ったとしても、全てその意味は自分に返ってくる事になるのです。

これは、人間関係が鏡のようなもので、相手に対する態度がそのまま相手からも返ってくるというのとはまた違います。言葉には全て意味があり、それぞれの国の言語があるように、言葉を理解している人が発して初めて効果があり、全て自分に返ってきます。

例えば、相手に対して褒めたりプラスになる言葉を発したら、それは自分にとってもプラスとなり、相手を批判したりけなしたりすると、それが全て自分に返ってきてしまうのです。

結果、相手に対していい事を発したら自分が褒められたかのような気持ちになり、相手を批判したら自分も批判されたような気持ちになります。つまり、人生を左右する要素はすべて言葉にあり、自分の中にあるという事です。

脳は主語が理解できないということを意識する!

では、なぜ言葉は全て自分に返ってくるのでしょうか?それは単純に脳の機能がそのようになっているからです。脳は全ての言葉に対して反応します。たとえそれが自分に対する事であっても、まったく関係のない相手に対する事でも、全てにおいて反応してしまいます。

つまり、自分が相手に対して言葉を発しようと、自分に対して言葉を発しようと、それは全て自分の事として脳は認識するわけです。

普段から悪口ばかり言っていたり、ネガティブな事ばかりを口にしている人は、それが全て自分に返ってくるのだという事をしっかりと把握しなければいけません。

結局、人生を左右するのは全て自分自身であり、たとえ他人から批判されたとしても、本当の意味で自分を苦しめるのは他人ではありません。

その批判に対してどう受け止めるか、つまり自分自身が自分に対してどのように言うかによって捉え方も変わってきます。

ネガティブワードに注意してポジティブワードを口ぐせに!

ネガティブなワードを口にする事は、とても良くないという事がわかったかと思いますが、普段から口には出さなくとも心の中でネガティブな事を考えたり発したりしている人は少なくないのではないでしょうか?

こうした心の中で考える事や、思考というのは癖がついてしまっていますから、なかなか変えることができませんが、意識的にネガティブワードを打ち消すかのようにポシティブな言葉を自分自身にかけるようにしていけば、徐々に考え方の癖が改善されていきます。

ネガティブな事を考えるという事は、自分の中でネガティブなワードを出しているのと同じことになりますから、なるべくそうした状態になってしまったら、意識的にポジティブな方へと持っていくようにしましょう。

意識的にしばらくの間は気持ちを切り替えていかなければいけませんが、これを続けるのか今まで通り何の疑問もなく無意識のうちにネガティブシンキングをしているのかでは、将来性がぜんぜん違ってきます。

毎日ポジティブワードを唱えよう

普段の口ぐせを変えることは、それすなわち内側の思考を変えることです。

つい口から出てしまう言葉は、その人の考え方や癖に基づくものですから、根本から改善していったり、言葉を発する時にも意識的にポジティブワードを発するようにしていく事で、徐々に考え方の癖が正されていって、口ぐせもいい方向へと変わっていくでしょう。

その第一歩として、まずは毎日ポジティブな言葉を意図的に口にする習慣をつけましょう。心の奥深くまで根付いている根本の考え方を変えていくのは容易ではありませんが、まずは口に発する言葉を変えて、意図的にポジティブな言葉を発してみてください。

例えば、朝起きた時に「幸せだ、ありがとう、大好き、楽しい」などのワードを何度も何度も唱えてみてください。これは変な宗教でも何でもなく、潜在的な脳に直接伝わる言葉になります。そのため、何回か唱えていれば、だんだん気持ちが楽になったり、幸せな気分になってきませんか?

もちろん、本来であれば「大好き」という言葉を思い浮かべて、自分の身の回りにいる人などの事を考えながら口にする方がより効果があります。

「幸せ」と言う言葉を発するときは、実際に幸せな状況を思い描いて口にした方が効果的です。しかし、そうしたことができなくとも、何度も口にしているだけで効果がありますから、実践してみてください。

普段の思考のネガティブをポジティブで打ち消す

これができるようになれば、次は普段の生活の中で何気なく考える思考の癖を取り除いていく習慣になりますが、先ほどのようにポジティブなワードを意識的に口にしただけで、気分が楽になったように、ネガティブな考えが浮かんできたら、即座に意識的にそれをポシティブなものへと変えて意識的にネガティブを打ち消していきましょう。

たとえば、「面倒くさい、だるい」などという思考が浮かんだ時には、逆に「楽しい、心地よい」などのようなポジティブなワードを頭の中で唱えてネガティブを打ち消しましょう。

こうして徐々に考え方の癖や普段の口ぐせが、変わっていけば人生も変わっていくはずです。他人に心ない態度や言葉を言われたとしても、自分自身でどう捉えるのかによってダメージをまったく受けずに促す事もできるのです。

むしろ逆に、相手に言われた事に対してネガティブになってしまって相手の批判や悪口を考えたり発したりしては、もの凄く不快な気分になってきて、結果的に自分も攻撃している事になってしまいます。

自分自身を言葉で攻撃してしまう事がなく、自分自身にとって良い言葉を発していけるようになっていければ、人生は大きく変わっていくでしょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加