> 趣味・ライフスタイル > つらい筋トレを無理なく習慣化する方法

つらい筋トレを無理なく習慣化する方法

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.07.23

今日は筋トレについてです。筋トレは辛いしつまらないし、単純な作業の反復なのに筋肉はつきにくいし大変な作業です。継続する事も難しくなかなか理想の身体になるのは遠いですよね。私も現在実践中の筋トレ3つの継続方法をお伝えします。

1:まずは理想の身体を脳に焼き付ける

最初にやる事は、目標の身体に最も近い人物を見つける事です。彼または彼女の裸に近い画像を用意します。いつでも見られる場所に貼り、毎日眺め、写真がなくても鮮明に頭にイメージ出来るくらいになってください。

これを毎日繰り返す事で、脳は自分がこの身体を欲している事を強く察知し、心の奥底からその身体が欲しいと思えるようになります。いろんな角度の写真があればなおいいですよね。そして写真が手元に無くても、いつでも頭に出せるようにしておきます。

これはかなり効果的で、ダイエット中や甘いものを控えたい時、これを食べたらおなかが出てしまうなどと思えば、かなり強烈なブレーキとなります。他にはその写真の筋肉がつくような活動を日々の生活で取り入れて行くとよりよいものになるかもしれません。

両手におもりをつけて仕事に出かけたり、常におなかをひっこめて腹筋を鍛えたり、かかとをあげふくらはぎを鍛えたり。頭に描けた写真の身体を常に意識し、鍛えたい箇所を集中的に意識して鍛えていきます。これを日々の生活に取り入れる事で、1ヶ月後、3ヶ月後は見違える身体になります。

2:筋トレを習慣化してしまえ!

1のような日々の行動を習慣として取り入れます。習慣というのは21日もすれば身体になじんでくるので、そのあとは自動的に行うだけで全く苦にもなりません。正確には14日くらいで習慣化出来るのでしょうが、余裕を持って21日は頑張ってみましょう。

習慣化のコツは、やり過ぎないことです。過剰な筋トレは負担となり、継続が難しくなります。適度に続けられる程度のトレーニングが重要となってきます。ジムに行き、自分の理想とする身体になるための専用のプログラムをトレーナーに組んでもらい実行していくのもよいでしょう。

きれいな筋肉をつけるには食事改善も必須科目となりますので、トレーナーによく相談して実行していきましょう。

3:モチベーションを保ち続ける

継続するために最も必要になってくるのが、モチベーションの維持です。習慣化でき、続けていけても、いつか必ず面倒になってやらない日が出てきます。急用や仕事が忙しくて出来ない日もあるでしょう。

そんな時にモチベーションを途切れさせないようにするにはどうするかですが、まず完璧主義を手放しましょう。毎週必ず3回はやる!などと決めていると、何らかの事情で出来なかった時に挫折します。

なので最初から「出来ればいいかな」くらいで考えておく事が重要となってきます。減点主義より加点主義。今週は2回出来なかったと考えるのではなく、1回も出来たと考える。その思考はとても重要になります。

次に、インプットを行うことです。筋トレや筋肉関連の書籍やDVDなどを日々詰め込んでいきます。インプットしていく途中で、こんな筋肉になりたい!とか、この人みたいな筋肉が欲しいなどと思うようになるでしょう。

この新たな発見はモチベーションの維持につながります。また、筋肉の知識が増えていく過程で、自分に合った筋トレ方法や食事法なども発見していけるはずです。

最後に、仲間と出会う事です。これは最も強力なやる気を維持する方法です。実際に会いに行き、同じような目標の仲間や、あこがれとする人などに出会えれば、継続性はグンと高まります。ライバルを見つけるのもとても良いです。この人にだけは絶対に負けないという気持ちが、向上心に火をつけ、成長につながります。

モチベーションを継続するために知っておく最大のポイントは、モチベーションは続かないという事です。やる気は必ずいつかなくなります。それは誰しもそうなので、上記の例を実践し、数をこなし、継続出来るようにしましょう。

やる気はいつか必ずなくなる事を知っておけば、その日が来たとしても落ち込む事はありませんし、準備も出来ます。そうやってやる気の周期のようなものを記録しておくと、自分のやる気のバイオリズムが分かり、対処しやすいかもしれませんね。

始めてから2ヶ月目くらいでも十分なリターンがあるはずです。まずは始めてみましょう♪理想の身体を手に入れて、美しい恋人とビーチの注目を得られるよう、頑張りましょうね。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加