> 趣味・ライフスタイル > 困難に思える禁煙を、確実な成功に導くマインドセット!

困難に思える禁煙を、確実な成功に導くマインドセット!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.07.12

もうすぐ私が禁煙して4年が経過しようとしています。もう吸わないという自信はあります。吸いたくないかと言われたら、吸いたいです。私の知る限り、禁煙に成功して、本心でたばこを嫌っている人を私は知りません。

表面的には、たばこの有害性や自分は根性あるだろ?みたいな事を並べるのですが、私は禁煙成功者の本音はまた別のところにあると思います。本当は吸いたい。だけど吸ってしまうと、あれだけ奮起してやめた決意も、今まで吸わずに我慢し続けた努力もすべてが無駄になってしまうし、もうひとつの理由として、もうあの喫煙のループに戻りたくないという気持ちもあると思います。

吸いたいのに吸いたくない?正確には、ニコチンが吸いたいと思い込ませているだけであり、ニコチン中毒というただの病気です。一本吸えば、肺に有毒ガスが充満し、脳の抑制が効かなくなる程、危険な病気を患うのです。私は、禁煙すると言って、やめられなかった人を何十人と知っています。

逆にやめた人の方がずっと少ないです。そしてやめられた人達は一斉にこう言います。「どうだ?おれらってすごいだろう?」と(笑)私は禁煙が成功した今も、まだ煙は好きですし、吸っている人がいるとついつい匂いを嗅いでしまいます。

しかし、心の中で喫煙者に対し、お金もったいないなとか、ストレスたまるだけなのになと思っている自分もいます。これは、拒絶する事で自分の吸いたいという弱い意志を吹き飛ばそうとしているのです。なので私は禁煙出来た自分がすごいとはまったく思いません。

むしろ愛煙家ですし、もう老い先短いなってなったらまた吸いたいなとも思います。ただ、それまではもうたばこは吸いません。

今回はわたくしが禁煙を成功させたい人へ向けて、一瞬で禁煙を成功させる方法をお伝えします。私のようにもう二度と吸わなくなりますので、ぜひぜひ最後までお付き合いください。それでは始めます。

1:やめたくなった時にやめる

私は今すぐやめろなどと言うつもりはありません。あなたがやめたい時にやめればいいです。明日からでもいいし、1年先でもいいです。人間というのは自我というものがあり、自分がこうしたいんだという欲求があるのに他人から命令・強制されても自分の本心が反発し、絶対にやろうとはしません。

仮になんらかの手段でやめさせたとしても(たとえば子供まで癌になるとか、ぜんそくが出るからやめてくれとか)それは一時的にやめるだけであり、隠れて吸うか、また吸い出します。なのでそれが自分の意志による禁煙でないのなら、どれだけ何かで押さえつけても無駄です。

ご褒美をあげるからとか、成功したら何かを買ってあげるとかでも同じです。一時的な動機にはなったとしても、ご褒美を与えたあとまた吸い出します。意味はありません。なのであなたが、本心からやめたくなった時、自分の意志でやめてください。

2:喫煙を知る

私はアレン・カー著の禁煙セラピーという本で禁煙を成功させました。絶煙と言った方が正解でしょう。喫煙と縁を切る事が出来ました。アレン・カーは数年前に癌で亡くなりました。自身がヘビースモーカー+チェーンスモーカーであり、自分の命をもって喫煙の恐ろしさを伝えきった、見事な人生でした。

そして彼の禁煙セラピーは世界中で多くの喫煙者を成功に導かれていますので、やめたいのであれば必ず一読し、喫煙について学習してください。若い頃、興味本位で吸い始めたたばこでした。最初はとてもかっこよく思えました。自分が強くなったようで、そして映画の主人公のような気になれました。

ひとりで外でたばこを吸っていても、たばこを吸っているからという理由で許される部分も出てきます。たとえば、ひとりで外でぼーっとしていると、頭のおかしな人なのかなと思われるかもしれませんが、たばこを吸っているとそう思われる事はなく、他人の視線が気にならなくなります。

他にもパーティ会場などで人の輪に入って行けず、ひとりで孤立していても、たばこがあれば孤独さを紛らわす事も出来ます。しかし、所詮それはごまかしでしかなく、私が本当に求めているものは、他人の視線を気にせず自分の人生を謳歌する事だったり、人の輪に臆さず入って行き、他人と仲良くなれる能力だったり、素晴らしい人に出会いたい気持ちだったりするわけです。

どれだけタバコに逃げ、ごまかそうが、本心を偽っているだけなのです。そしてアレン・カーは喫煙のメリットは皆無だと論理的に、医学的に、心理的にばっさり切り捨てています。

そして成功した今でも思いますが、本当にメリットがなかった事に気づきます。ただ、たばこ=かっこいいという刷り込みに洗脳されていただけという事に気づいたのです。なので著者の禁煙セラピーでまず喫煙について知ってください。

3:やめた瞬間にあなたも禁煙成功者の仲間入り

禁煙って巷では難しいとされ、成功した人をたたえるところがあります。確かにニコチン中毒から脱するのは麻薬などと同じで人間の力がおよばない領域であり、不可能と言っても過言ではないでしょう。しかし2で喫煙について勉強し、知れば、喫煙に対する認識も変わり、脳の喫煙に対する反応も変わってきます。

ニコチン中毒から抜け出すにはこの方法しかありません。要はこの方法を知っているか否かというだけであり、根性論ではないのです。

本当に根性だけでやめた人も中にはいますが、その人達は無意識下で、喫煙の価値のなさに気づいていたのか、根性だけでやめた対価として食に走り逆に体重が増えたり、周りに当たり散らしたり、お金を浪費しすぎたりといった行動には出ていませんか?禁煙は成功したかもしれませんが、その人達は、同時に何かを失ってもいるのです。それでは本当にやめた事にはなりません。

本質を知り、心からたばこをやめたいと願いましょう。そうすれば誰でも簡単にやめる事が出来ます。そして禁煙の良いところは、やめた瞬間に成功者になれるところです。

ダイエットやお金持ちになるとか、野球選手になるでもなんでも良いですが、一瞬で成功者になれるものなど、ほとんどありません。何年も何十年もかかるものばかりで、たとえ達成出来たとしても、自分の思い通りになっていない事が多く、努力し続けなければなりません。

禁煙の場合は吸わないという選択肢を続けて行くだけです。ね?こんな簡単に、楽に成功者になれるものなんてほとんどありませんよ!

4:喫煙を手放す

1~3のステップまで踏めたら、もうたばこというもの自体に関心がなくなっていると思います。あとは喫煙という行為を手放してしまいましょう。やめるのでも、規制するのでもなく、手放すのです。

1本5分と考えて、私でいうなら一日3箱は吸うヘビースモーカーだったので、1箱20本x3箱で60本x5分=300分(5時間)!!!1日に5時間という時間を喫煙に使って来たのです。考えられますか?これがどれだけ無駄な事か。お金にしてひと月4万円弱です!!!毎日5時間という時間を捨て、4万円というお金をどぶに捨てて来たのです。

この喫煙という行為にあなたは今どのような感情を抱いていますか?この時間を使ってスポーツで汗を流す事も、恋人と愛し合う事も、家族とふれあう事も出来ます。4万円もあれば、毎月かなり贅沢な遊びや趣味も出来るでしょう。これが私が2度とたばこを吸わないでいられる理由です。さあ手放しましょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加