> 趣味・ライフスタイル > 忙しくても自分の時間を確保する為の5つのこと

忙しくても自分の時間を確保する為の5つのこと

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.08.13

忙しい時こそ、自分の時間を作ろう!

仕事が忙しくなってくると、どうしても深夜まで残業をしたり、休日も返上で仕事をしたりしてしまうことが多くなってくると思います。「嬉しい悲鳴」と言えば聞こえは良いのかもしれませんが、それでも「自分だけの時間」は確保したいものです。そこで、自分の時間を確保する為に実行したいテクニックが5つあるので紹介します!

1.「いまやるべきこと」は何かを瞬時に言えるようにする

「いまやるべきこと」を瞬時に言えると言うことは、優先順位やスケジューリングが上手くできているということです。もし、現在手がけている仕事で「いまやるべきこと」を瞬時に言えないのなら、優先順位やスケジュールの調整が上手くできていないのかもしれません。そういう時は、もう一度ちゃんと優先順位をつけたり、スケジュールを組み直しましょう!

自分の時間を確保する第一歩は、優先順位をきちんとつけて、仕事を片付けていくことからです。いま携わっている仕事やToDoを全て書き出して、一つ一つ優先順位をつけてスケジュールを再構築してみましょう!そうすれば、深夜残業や休日返上を阻止できるかもしれません。

2.やり方を工夫する

いままでのやり方を改善して、仕事を効率化しましょう!例えば、似たような業務があるのなら一緒にやってしまったり、単純なルーティン作業はチームのメンバーや後輩などに任せることで、自分の仕事時間を増やすことができます。やり方を工夫すれば、効率的に仕事が進んだり、時間を増やすことができるので、自分の時間を確保しやすくなります。

3.NOと言う勇気を持つ

時間が無くて、どうやってもできないような仕事でも引き受けてしまったりしていないでしょうか。断りベタな性格だったとしても、「NO」と言う勇気を持つようにしましょう。

仮に「NO」と言って相手からの信用を失うのが嫌だという場合でも、「私は今回は対応できませんが、社内の○○を紹介します」など、他の人に仕事を託すようにしましょう。「NO」という勇気を持つことで、仕事の時間も自分の時間も確保することができます。

4.リラックスタイムを設ける

毎日毎日、仕事をしていたら心身共に疲れてしまいます。適度にリラックスタイムを設けるようにしましょう。一日の終わりに、ゆったりとくつろげる時間を作ることで、日中の仕事にもハリが出ます。疲れを残してしまうと、どうしても仕事に影響が出てしまいます。仕事で忙しい時こそ、リラックスタイムを設けるようにしましょう!

5.SNSやメールはチェックする回数と時間を決める

仕事中などでも、「ちょっと息抜きに」とSNSをチェックしたり、いつも突然届くメールなどを届いた瞬間にチェックをしていたら、仕事をいちいち中断してしまいます。なので、SNSやメールはチェックする時間を決めておきましょう。

メールは朝一、昼休み後、定時前などチェックする時間を決めておきます。「急ぎの用があるかもしれない」と思うかもしれませんが、よほどの急ぎなら、メールでは無く電話が掛かってくるはずです。また、SNSはついついダラダラと見てしまうので、「この時間に○分だけ」と時間設定をしてしまいましょう。

SNSやメールに気を取られて仕事が中断してしまうと、集中力も途切れ途切れになってしまって、1時間で終わるような仕事でもダラダラと2時間、3時間とやってしまう恐れがあるので、チェックする回数や時間を決めてしまいましょう。

自分の時間を作って仕事にハリを与えよう!

忙しい時でも、仕事ばかりしていると疲れてきてしまって、逆に非効率になってしまいます。忙しい時ほど、自分の時間が必要になってきます。今回紹介した5つの方法を試して、自分だけの時間を確保してみてはいかがでしょうか。

自分の時間を確保しているのに、今までよりも効率的に仕事ができるようになるはずです。ダラダラと残業したり、休日出勤をしている人は試してみて下さい。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加