> 趣味・ライフスタイル > 嫌な人との付き合い方!イライラを低減する3ステップで上手く対応しよう!

嫌な人との付き合い方!イライラを低減する3ステップで上手く対応しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.05.22

あなたにはどうしても嫌い・苦手な人って周りにいませんか?言動や行動にいつもイライラさせられるような。よっぽどの聖者のような人間でなければ、程度の差はあれ思い当たるのではないでしょうか。

嫌いなら付き合わなければいい、ということも考えられますが、仕事の付き合いや大人の事情でそうはいかないことがほとんどです。

その人のせいで健康が害されている!

しかし、あなたはイライラしているということはストレスを感じているということ。その嫌いな人のせいで不健康になっているんですよ!?そんな理不尽なことは止めませんか?

今後長く付き合っていくだろう人に「この人何となく苦手だな」と感じるようなことがあれば、まずは次の3ステップを踏んでましょう。その後の付き合い方のイライラを低減させることができます。

ステップ1:こういう人なんだ、と理解する

子供は物事をまったく理解していないので、悪気もなく突拍子もないことを言ったりします。それでも私たち大人は「まあ、子供なんだから」と理解して対応します。

あなたが苦手な相手というのも、これまでの生活環境の中でそんな性格になってしまったのでしょう。あなたや他の人とは違って、そういう不思議な考え方をしている人なのです。

とはいえ、子供のように叱ってしつけることもできませんので、まずは静観です。イライラするより軽く受け流す気持ちで対応しましょう。

ステップ2:一つだけでも評価できることを見つける

あなたが嫌いなのはその人の性格の一部だけのはず。人間は奥深いものなので、その人の性格が完全にあなたの嫌いな要素で構成されているなんて確率は低いはずです。

しかし、一度「この人嫌い」と拒絶してしまうと、その他の良いところは見えなくなってしまいます。そうなる前に積極的に意識して良いところを探してみましょう。一つだけでも評価できることが見つかれば人間味を感じるようになり、その後のあなたのイライラも低減します。

ステップ3:自分のことを振り返る

他人は自分を映す鏡と言います。その人に批判的になる前に、ちょっと自分のことを振り返ってみましょう。同じような行動、言動をしていないでしょうか?

あなたがその人の嫌いな部分に気がつくのは、実際にあなたがそういう経験があるからではないでしょうか。経験が無いと気がつかないはずです。

自分のこととなれば、その人のことを気にしている暇はありません。まずは反省しましょう。そして、その人には「私の嫌な部分を教えてくれてありがとう」と感謝の気持ちを持つようにします。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加