> 趣味・ライフスタイル > 仕事の疲れで溜まったイライラを素早く解消する7つの方法

仕事の疲れで溜まったイライラを素早く解消する7つの方法

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.01.01

イライラを解消してストレスを貯め込まないようにしよう!

小さなイライラも、蓄積していくと大きなストレスになってしまうことがあります。

どんなに小さくても、イライラしてしまうことがあったら、すぐに解消しましょう!イライラを解消する方法を7つ紹介するので、参考にしてみて下さい!

1.笑い飛ばす

イライラは、笑い飛ばすのが一番です!どんなにイライラしてしまうような嫌なことでも、笑い飛ばしてしまったらバカらしくなってしまいます。イラッとすることがあったら「なんだそんなこと」など言いながら笑い飛ばしてしまいましょう!

2.紙に書いてゴミ箱に投げ捨てる

嫌なことやイライラした事柄を大きく紙に書きます。殴り書きでもいいので、とにかく大きく紙に書きます。そして、そのイライラを書いた紙をグシャグシャに丸めて、思いっきりゴミ箱に投げ捨ててしまいましょう!少しは、スッキリするはずですし、ほとんどの場合はイライラするようなことも、ゴミ箱に投げ捨てられるような“ちっぽけなもの”だったんだと思えるはずです。

3.コーヒーやハーブティーを飲んで、気分を落ち着ける

コーヒーに含まれているカフェインは、気分を落ち着ける効果があります。同じようにハーブティーなども気分を落ち着けてくれます。また、コーヒーにもハーブティーにも少し砂糖を加えて甘くすると更に効果的です。イラッとしたらコーヒーブレイク、ティーブレイクしてみるといいかもしれません!

4.大声を上げてみる

イライラは大声を出して吹き飛ばしてしまいましょう!思いっきり大きな声をあげて笑ったりするのもいいでしょう。イライラやストレスは大声にとても弱い性質があります。大声を出してイライラを吹き飛ばしてしまいましょう!

5.イライラとは無縁そうな人を想像してなりきる

毎日カリカリしていたら疲れてしまいます。そこで、イライラとは無縁そうな人を想像して、イライラを貯めないようにしましょう!いつもニコニコと笑顔で過ごしているような人を想像してみましょう!その人になりきって過ごしていると、自然とイライラが消えていきます。もしくは、イライラという感情を忘れてしまったり、想像しなかったりすると自然と気持ちが楽になってきます。

6.プレッシャーになるようなことを言わない

自分にとってプレッシャーになるようなことを口に出さないようにしましょう!例えば、「はやくやらないと」「あれをしないと」など自分の気持ちをせかしてしまうような言葉です。プレッシャーになるような言葉は、イライラを増幅してしまうので声に出さないようにするといいでしょう。

7.「ストレス」や「イライラする」をNGワードにする

あえて「ストレス」や「イライラする」などのをNGワードにして言わないようにしましょう。プレッシャーになるのと同じように、「ストレス」や「イライラ」などの言葉を言うと、耳から脳に直接伝わってしまい、無意識にストレスを感じたり、イライラしてしまったりします。「ストレス」「イライラ」などを言葉にしないだけでも気持ちや心は軽くなります。

ストレス解消よりも、癒やすことを心がけよう

ストレスは、知らず知らずのうちに溜まってきます。特に、とても小さなイライラから大きなストレスになってしまうパターンが非常に多くなります。そこで、ストレスがある程度溜まってきたら「ストレス解消」と称して飲みに行ったり、甘い物を食べるなどをしている人もいると思います。ですが、ストレスを蓄積せずに小さなイライラの段階でカラダを癒やしていけば、心もカラダも健康な状態で過ごすことができます。

イライラいは小さい内から解消してみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加