> 趣味・ライフスタイル > 幸せは作れる!たった1分で幸せになれる5つの方法

幸せは作れる!たった1分で幸せになれる5つの方法

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.08.10

幸せは1分で作れる!?

最近、何をしてもうまくいかなかったり、仕事でストレスを感じたり、日々の生活に追われていたりしませんか?どうしても、そういう時は生活に充実感を感じられなかったり、幸福に感じることが少なくなってしまいます。そういった忙しい現代人でも、たった1分間で幸せになる方法を5つ紹介します。

1.腹を立てない

どうしても腹を立ててしまったらストレスが溜まってしまいます。幸せを感じるには、ストレスは大敵です。些細なことで怒りをあらわにする人もいますが、そうやって腹を立ててばかりいても良いことは1つもありません。心はなるべく穏やかに過ごすことが幸せへの第一歩です。

もし、誰かに何か悪口を言われたりした時でも「こういう考え方もある」というように変換させてしまえば、腹を立ててエネルギーをムダに使うことも少なくなります。腹を立てる暇があるのなら、もっと他のことに時間やエネルギーを使うようにしましょう。

2.紙に思ったことを書く

もし、嫌なことがあったり、不満なことがあったら紙に書き出してみましょう。最近は、TwitterやFacebookでネガティブな発言をしている人をよく見かけますが、SNS上でのネガティブ発言は読んでいる人に不快感を与えてしまうことがあるので注意しましょう。

SNSへ書き込むよりも紙に手書きで書く方が、冷静に判断することができます。紙に手書きで書くというのは、パソコンやスマートフォンを使って文字を書くよりも時間がかかる行動です。少し時間をかけて思ったことを書くと、書いている途中から心が落ち着いて、冷静に対処することができます。

また、書くだけでは解決できない場合でも、思ったことの下に「じゃあ、どうすればいいのか?」を書き加えて解決策を考えることができますし、嫌なことを書いた紙を丸めてゴミ箱に捨てるだけでも、気持ちが楽になります。

3.他人の成功を祝福できるようにする

自分以外の他人の成功を妬むようでは、幸福を感じることはできません。それよりも、相手の成功を祝福できるような器の広い人になった方が、いいでしょう。「急には、そんな風になれない」という人も「器の広い人の振り」をするだけでも、考え方が変わってきます。

相手の成功を妬むだけでは、それで終わってしまいますし、ストレスが溜まってしまいます。それよりも、相手の成功を自分のことのように祝福できる方が幸せを感じることができて、「よし、今度は自分だ!」とモチベーションアップをはかることができます。

4.毎日に感謝する

日々の生活に感謝しましょう。毎日、些細なことでも感謝することで、幸福感をあげることができます。すぐには「毎日に感謝する」と言われても難しかったり、ピンとこなかったりすると思います。

そこで、ぜひ実践したいのが毎日「今日の感謝すべきこと」を3つ、日記として記録することです。3つだけでいいので、その日あった感謝すべきことを探して書くようにして、時々読み返しましょう。読み返すことで、自分でも驚くような再発見をすることがあります。

毎日に感謝することで、何気ない日々の生活でも幸せを感じたり、見つけたりすることができるようになります。

5.大切な人のことを考える

幸せを感じたいのなら、大切な人のことを考えるようにしましょう。たったそれだけでも、幸せな気分になれます。何かに悩んだり、落ち込んだりした時も大切な人の顔を思い浮かべるだけで気持ちが楽になったり、気分が明るくなったりします。

幸せを感じるには、日々の生活から

幸せを感じにくくなっているという人は、日々の生活から少しずつ改善していきましょう。ちょっとした変化でも、考え方や感じ方が大きく変わっていく物です。幸せは、必ず日常の中にあるはずです。

今回紹介したことは、たった1分で改善したり、実行できることばかりです。人生を明るく、楽しく生きるために実践してみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加