> 趣味・ライフスタイル > 歯磨きから男を磨け!歯を白くする事がデキる男への第一歩!

歯磨きから男を磨け!歯を白くする事がデキる男への第一歩!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2012.11.05

一般人も歯が命

「芸能人は歯が命」―。いつぞやCMがきっかけで流行ったフレーズである。でも、そこのあなた。芸能人ではない一般人のあなた。一般人も歯が命。まあ命とは言わないまでも、歯が与える人の印象がものすごく重要だということをご存じか?

歯並びは一生モノ

最近は昔よりも随分浸透してきた歯列矯正。昔は矯正器具をつけている子どもがからかわれるようなこともあったが、今は歯列矯正自体が珍しくない時代。目立つシルバーの器具をカラフルにカラーリングしたおしゃれなものまで登場している。

日本では可愛いと位置づけられることもある八重歯だが、欧米ではそんなことはありえない。国際化が叫ばれる現代、ビジネスで欧米に行く機会が多い人もいるだろう。

八重歯だけならまだいいのかもしれないが、歯並びがガチャガチャと良くない人は、だらしない印象を与える可能性が高い。

英会話を始める前に歯列矯正を始めよう。今は歯の裏側に装着する目立たない器具もある時代だ。お金はかかるが、歯並びは一生モノ。十分元はとれると思っていいだろう。

歯のクリーニング

また、意外と見落としがちなのが歯の色。歯は毎日の食生活や喫煙などでも変色するが、年齢を重ねることでもだんだんと黄ばんでくる。

食生活ではお茶・コーヒーや緑黄色野菜など、喫煙する人はタバコのヤニが歯につき、少しずつ蓄積されて歯は黄色く変化する。毎日少しずつなので、鏡で見ても本人は意外と気にならない。

だが自分の歯は黄ばんでいないか意識して、もう一度よく鏡を見てほしい。歯全体をきっちりと確認するのだ。黄色く変色した歯は、話す相手にとても不潔な印象を与える。相手が好きな女性ならキスなど絶対にしたくないと思うはずだ。

歯科に行って歯のクリーニングをしてもらおう。クリーニングならそれほどお金もかからない。

歯の状態によってはホワイトニングもいいかもしれないが、ここで注意したいこと。日本人は黄色人種と言われる肌の色の人がほとんど。ホワイトニングをやりすぎた歯は不自然に白く、とても人工的な感じになるので気を付けよう。

虫歯は口臭の元

そして当たり前なのだが虫歯。我慢できる痛みだとか目立たない奥歯だとか、そんなことで虫歯の治療を先延ばしにしてはいないだろうか。我慢できない痛みになった時には手遅れのこともあるし、治療も長くかかるだろう。

また、意外と自分では気づいていないかもしれないが、虫歯は口臭の元になる。話す相手が口臭を感じても、「口が臭うよ」なんて言えるのは正直な子どもだけかもしれない。体臭や口臭のことは、家族ですら実は言いにくいことだったりするからだ。

歯科に通うことは億劫かもしれないが、今はネットという便利なツールがある。土曜日や自分の休みに診察している歯科を調べるのは容易なこと。口の中に違和感を感じる人は、すぐにでも治療を始めよう。

毎日の歯磨きから丁寧に

笑顔の素敵な人の中に、歯並びの悪い人や歯が変色している人はいるだろうか。もしいたとしてもひと握り、そんな人達は歯のメンテナンスをすればもっと素敵な笑顔になるはずだ。

ビジネスの中で、営業先でどれだけ思いを込めて話しても、だらしなく不潔な印象を与える口から発せられる言葉では、相手の心を動かして信用を勝ち取ることはできない。

歯科医に相談しメンテナンスした後は、まず毎日の歯磨きから丁寧に。歯科では歯磨き指導もしてくれる。毎日していることなのに、意外と間違った方法でやっている場合があるので、しっかりとマスターする。

毎日一日2~3回も行うことの方法が間違っていたなら、これからは大きく改善されることになる。

歯のコンプレックスが解消されれば、笑顔も増え自信を取り戻し、内面からも輝くことができるに違いない。さああなたも美しい歯でビジネスチャンス、ラブチャンスを手に入れよう!

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加