> 趣味・ライフスタイル > 偉い人の名言に変な形で影響されず、自分らしい人生に応用する方法

偉い人の名言に変な形で影響されず、自分らしい人生に応用する方法

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.07.04

偉人の名言を集めたものがインターネット上でも見られるようになり、それだけじゃなくネットを開けば昔は有料で販売されていた情報も無料で見ることが出来たり、どんどん便利な時代になっています。ただ、偉いと思われるような地位になったり賞賛を受けている人の言葉が全て良いかといえば、ちょっと注意も必要みたいです。

偉ければ正しい?

世の中には成功と呼ばれる言葉を求めて突き進んでいる人もいます。成功と聞くと人それぞれ違う感じがしますが、ある人は「成功を求めるのが人生だ」と思っている人もいれば、ある人は「成功って何?楽しければいいじゃん」と思う人もいるでしょう。

人が持つ感覚は頼りになるもので、自分ばかりが目立って周りが目立たなかったり、自分だけがパワフルに見える時は意外と自分を疑ったほうがいいかもしれません。

世の中のポジティブだけを強調している成功法則や偉人の言葉を聴くと、それに共感する人は体からエネルギーが湧いてくる感覚になる人もいるかもしれませんが、それによって周りの人が頼りなく見えたり自分だけがイケてると感じるなら、幸せな人間関係は築けるでしょうか?

成功と聞くととかくお金や業績といった男性的なほうに意識が向いてしまいますが、そこに幸せがなければ成功といえるでしょうか?

もちろんお金や業績があることで生活が便利になることはあるでしょう。ですが、それを権力として使ったりお金で何でも買おうという状態に変わってくると、自分の心理も変わってくるようです。

最初はやりたくて始めたことも人から尊敬されたくてやってしまうように心変わりをした人は、周りの人と理解し合えない人生に変化することもあります。また、偉人や尊敬出来る人の言葉は素晴らしくても、自分の状態によってその捉え方が変わります。

自分の状態によって相手の言葉の内容が変わる

「最近太ったんじゃない?」と言われたら、あなたはどんな気持ちになるでしょうか?

ポジティブで行動するタイプの人は「そうなんだ!最近良く食べるんだよね!」とポジティブに捉えるかもしれません。ですが、ネガティブでコントロールするのが好きなタイプの人は「うるさいな、余計なお世話だ」と話すかもしれません。いつも落ち込んでいる人は「そんなこと言わないで」と悲しくなるかもしれません。

たった一言でもこれだけ捉え方に違いがあります。この感情的なバランスが取れる人は言われた言葉に対してポジティブとネガティブに大きく揺さぶられることはないかもしれませんが、イライラしている時に言われたら腹が立ったり、楽しい時に馬鹿にされても気にしなかったりと、人によって全然違います。

このバランスを取りながらも、ポジティブとネガティブな面から良いところを引き出せるのが本来の自分が持っている力を引き出しやすいといえますが、ポジティブをガンガン追求する成功法則などの本はポジティブになることが成功だと教えているものもあります。

逆に考えてみると、それだけ声が大きくて毎日ポジティブで肯定的なことしか言わない人しかいない地球をイメージしたら、どこか息苦しい感じや上辺だけで感情が入っていない人生のような感じがしませんか?逆にネガティブな人ばかりでも苦しい感じがします。

そのバランスを取るかのように、人と人との間にはポジティブとネガティブが存在しますが、どちらが良い悪いではなく対等であると考えることが出来れば、全てポジティブに考えないといけないという息苦しさを感じなくても良くなるでしょう。

バランスの取れた状態とは?

ポジティブとネガティブのバランスというのは、それぞれ良いところが出ている状態がベストではないでしょうか。ポジティブで良い面もありますし、ネガティブでも落ち込んでいる人や人の気持ちをすぐに分かってあげたり、他の人が見たくないところもしっかり見て管理することも出来るメリットもあります。

それが行き過ぎるとポジティブな人は悪い面を見ずに突き進んでしまい、結果を出しても人生の面から見ればただお金や実績といった数字が増えたことを後から後悔するかもしれませんし、ネガティブな人は周りをコントロールしたいけど出来ないことにイライラして、平和な人生にならないかもしれません。

これはバランスなので、どんな人でも行き過ぎるとそうなる可能性があり、それのサインになるのは周りの人の態度です。自分に対する接し方が変わってきたりちょっとズレを感じる時は、相手が悪いのではなく自分がズレていると考えられます。

人と自分の間に幸せがあると感じれば、自分が偉いと感じていること自体、対等性が欠けてバランスが欠けているといえます。偉人の言葉1つ取っても、どの状態の自分で聴くかによって、ポジティブにガンガン走る人もいればネガティブに落ち込んでしまう人もいます。

そうした外の情報に変に振り回されず、自分が持っている両面の良いところをバランス良く引き出せるのが、自分らしい人生を生き続ける方法といえます。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加