> 趣味・ライフスタイル > 明るい人が活用している、マイナス思考に打ち勝つ為の言葉や行動

明るい人が活用している、マイナス思考に打ち勝つ為の言葉や行動

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.07.11

マイナス思考を癖だと諦めていませんか?

なんでもつい悪い方向へと考えてしまったり、気がつくとよく悪い結果ばかりを考えてしまうという人もいるでしょう。これはもう昔からの癖のようなものなので、直らないと諦めている人も多いかと思います。また、こういう思考の習慣をなんとかしたいと思っている人もいるでしょう。

マイナス思考を打破している人の意見を聞いてみよう

どれだけ楽しい事を思ったり、前向きに考えようとしてもどうしても最後は暗い方向へと考えがいってしまうので、自分自身が嫌になるという人もいたりするかもしれませんが、明るく生きているように見える人であっても落ち込んだり暗い気分になるという事はあるのです。

では、そういった人達は暗い気分やマイナス思考になった場合に、どのようにして気分や考えを変えているのでしょうか?実は、明るく生きているように見える人達に、どのような方法を使っているのかを聞いて回った事があります。今回は、その中のいくつかの事例をご紹介したいと思います。

この考え方は実践した結果よかったです

その人はよく豪快に笑い、いつもニコニコしているという印象の人でしたが、やはり悩んだり落ち込んだりする事もあるとのことでした。そのような時にその人は、一年後の今日も同じ事を考えていて今とまったく同じような状況ではないだろうと思うそうです。確かに、よく思い起こすと一年後にはもう忘れていたという事が私にも多いな~と思いました。

その人曰く、なるべくよく眺める景色を見ながらそう思うとよいとの事で、その訳は一年後に同じ景色を眺めている時に、一年前はあんな事に悩んで不安だったけれどやっぱり何とかなったなと実感できる場合があるからという事だそうです。

この方法は、私も実践するようになってから気持ちが楽になるというのを実感して、また一年後がどう変わるのか?という事を楽しむという余裕も出てきたのでお勧めです。

悩んでいる時にこそ動くほうがいい?

もう一人の人は、悩んだり落ち込んだりする事があった時はとにかく歩くのだそうです。歩き続けている内に、原因がわかってきたり考えがまとまって明るくなれるというのですが、確かに試してみたところ私の場合にはただ座ったままよりはよかったかな?といった感じでした。

それをその人に話したところ、君は歩くよりも走ったほうがいいかもねと言うので走ったところ、とにかく走る前と走った後の気持ちの違いに驚きました。気持ちが訳もなくスッキリした感じで、とにかくビールが美味しくて生きてるって素晴らしいといったように、走って疲れたのに活力が出てきたようでした。

まだまだもっと聞いた人はいますが、あまり羅列しても効果が薄くなるという場合もありますので、今回は2点だけにしておきました。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加