> 趣味・ライフスタイル > 相手を変えようとしても変わらない理由と、自分が変わることで相手も変わる理由

相手を変えようとしても変わらない理由と、自分が変わることで相手も変わる理由

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.06.19

「なんでこうしてくれないの?」人間関係の問題のほとんどが、こうした相手への不満だといわれています。残りの少しは自分への不満によって人間関係でのトラブルが起こるわけですが、そのうちの1つは相手を変えようと思うことではないでしょうか。

相手を変えようとするほど変わらない?

人間は面白いもので、相手を変えようとすればするほど変わらないものです。「もっとこうして!」といっても結局はそれをしてくれないだけならまだしも、喧嘩になることもあります。

無理やり変えようとして表面的には変わったとしても、長い目で見ると変わっていないことや変な方向に変わっていくこともあります。また、自分が気にいらない相手はそれを自分に何かを教えてくれているともいえます。

1つは人は自分のなりたくない姿をしている人は受け入れられないことがあります。たとえば、ブリっ子をしている人を見てイライラするなら、それは自分がブリっ子になることが出来ないことにイライラしていることになります。

ですが、そのイライラが強いとそれだけエネルギーが溜まっていることになるので、ブリっ子の自分を受け入れることが出来れば、それだけ感情的な力をより引き出すことが出来ます。

それはブリッ子だけじゃなく受け入れられない相手がいる人は多いかもしれません。ですが、その相手を受け入れられるようになると、自分の中から新しい感情的なエネルギーが湧いてくるでしょう。

そういうことを教えてくれているサインと考えることも出来ますし、変えようと思っても変わらないというのはそれだけ人間は自分の中に現状を維持しようとする機能があるということです。

これがあるため、どれだけ相手を変えようとしても変わりませんし、自らダイエットをしようと思っている人でもダイエット出来ない人がいるのに、他人の意思によって自分が変わるというのはよっぽどの感情的な動きがない限り難しいでしょう。ですが、その感情的な動きは自分でも起こすことが出来ます。

自分が変われば相手も変わる?

人と人は繋がっているようなところがあり、イライラしている人にはほんわかしている人がセットになったり、いつもポジティブな人には落ち込んでいる人がセットになったりと、みんながポジティブやネガティブだけの人はいないと思います。

これはその人の性格というより周りの人の在り方によって自分の在り方が変わるというものです。付き合っている友達の中でも人によって自分のキャラクターが変わっていることはありませんか?それは自分の意思が弱いというよりそのキャラクターチェンジをする理由が分かっていないだけかもしれません。

どんな人とも同じキャラクターでい続けられる人はほとんどいないでしょう。ですが、これが分かれば自分が変わると相手が変わることも分かります。

異性と付き合っても長続きしないタイプの人、どこにいってもいじられる人、いつも暑苦しい存在になってしまう人は、周りの接する人を変えても自分がそのキャラクターだから周りもそれに合わせてそういうキャラクターになるといえます。これが分かれば自分のキャラクターを変えると相手も変わることになります。

ですが、このキャラクターになっているのにも意味があり、それは自分がそのキャラクターが一番自分らしくて快適、自分が正しいと思っているからそこにいます。なので、そのキャラクターを変えるのはよほど感情的に色々な経験をしてトレーニングしていないと難しいといえます。

キャラクターチェンジをするには?

自分のキャラクターを変えるには、心理学や感情について学びながら実践するとより効果が期待出来ますが、なぜ自分がそのキャラクターなのかを考えてみましょう。そのキャラクターでいることでどんなメリットがあるのでしょうか。

ですが、そのキャラクターでいることにはデメリットもあると思います。いつも明るく前向きな人は周りの人を疲れさせたり行動することに意識が向いているので人生を心から楽しむことが出来なくなっているかもしれません。

いつも怒っている人は色々なことをコントロールすることに意識が向き過ぎて本当にやりたいことが出来ていないかもしれません。

色々なパターンがありますが、今の自分でいることのメリットデメリットを見つけること、そして周りの人で受け入れられない人や自分がなれない人はどう感じて、そのキャラクターでいるとどんなメリットデメリットがあるのかを考えてみてください。

そして、それぞれ何を感じているのかが大切で、そのキャラクターになっているのは過去にそのキャラクターでいることが痛みから避けられると思った出来事があると思います。

ですが、全てのキャラクターにも痛みを感じることがあるので、色々なキャラクターのメリットを取り入れ、デメリットを理解してそうならないように気をつけることで、より良い意味で相手が変わっていくことが実感出来ると思います。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加