> 仕事 > 正しい会社選びの方法とは?長い目で考える会社選び

正しい会社選びの方法とは?長い目で考える会社選び

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.04.07

収入や企業の知名度を参考に会社を選んでしまうと、その状況が変化した時に後悔する事になってしまいます。自分を発展出来るかを基準に選びましょう。

何を基準に会社を選んでますか?

転職や就職の時に、何を基準に会社を選んでますか?良くある回答が「大きな会社だから安心。」とか、「給料が良いから選んだ。」とか、「福利厚生がしっかりしている。」という回答。

しかし、こういった事柄は変化してしまう可能性があります。大きな会社だから安心と言ったところで、今や大企業でも倒産する時代ですし、仮に潰れなかったとしても自分がその中でリストラされる可能性もあり、決して安心という事にはならないのです。

給料が良いから選んだ人は、業績不振などで給料が下がったり、周りの友達が自分よりも稼ぎ出した時が転職のタイミングとなってしまいます。

福利厚生やその他の条件に関しても、結局会社や外部の状況が変化した時に会社を変わらなくてはならなくなってしまいます。

外部では無く、自分に矢印を向けた発想をしていなければ、どこまで行っても自分にとって良い仕事というのはあり得ないのです。

正しい仕事選び

では、正しい仕事選びのポイントは一体どこに有るのでしょうか?それは、条件面ではなく、その仕事が自分を成長させるかどうかで選ぶべきなのです。

その仕事によって、自分が一体何を得る事が出来るのか?その仕事を通じてどのように成長する事が出来るのか?そういう発想を常に持ちながら、自分を磨くのが仕事なんだと思って就職や転職活動をしましょう。

例えば、やりたい事がある人は、条件面では無く、自分のやりたい事に合う仕事かどうかで選択をすると思います。もし、やりたい事が無いという人は、その仕事で自分が成長出来るか?を念頭に置くべきなのです。

自分に出来そうかとか、楽そうかという様な、今の自分を基準に判断すると発展が有りません。今の自分の基準がどんどん上がっていくかどうかで選択をするべきなのです。

「でも、求人情報や説明会、面接だけでそんな事まで分からないのでは?」と言う人がいらっしゃるでしょう。

しかし、本気でこれから行う仕事を考えるので有れば、求人情報や説明会、面接からでも多くの情報を取ることが出来るはずですし、会社見学を希望するなど、他の人がしていない事も依頼することだって出来るはずです。

「でも相手の迷惑を考えて遠慮してしまう。」人もいらっしゃる事でしょう。しかし、仕事を本気でやるという事は、就職活動の時から始まっています。人と同じことを杓子定規に行う必要なんて無いのです。

そういう行動力が、仕事で成功する秘訣でも有るのだと知っておきましょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加