> 仕事 > 三歩進むごとに「儲ける」ことを念頭に!豊かな人生の手引書

三歩進むごとに「儲ける」ことを念頭に!豊かな人生の手引書

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.03.18

お金だけじゃない?

儲ける、というとどういった印象を抱きますか?おそらく、まず最初に「お金を儲ける」というフレーズが浮かんだのではないでしょうか?確かには、儲けるという言葉と金銭は切っても切れない関係にあることは事実です。

しかし、「儲ける」とは何もお金に限ったことではないのです。「儲け話」や「儲けもの」という言葉がありますが、つまり、自分にとってプラスになるということが「儲ける」という言葉の基本的な意味と言えるでしょう。

あまり儲けるという言葉ばかり連呼いしているとちょっとがめついようにも取られかねませんが、そんなことはありません。儲けるという言葉は、生きていく上で確実にプラスになり、自分にもまわりにも前向きな効果を生み出す魔法の言葉なのです。

動く度に儲けることを念頭に!

儲けるということはお金に限ったことではない、ということは前述の通りです。では、具体的に儲けるということはどういうことなのでしょうか?例えば今、あなたは道を歩いています。どこまでも構いませんのでまずはイメージしてみてください。

そこに何が見えますか?ご近所さんが歩いてくるかもしれませんし、綺麗な花を見つけるかもしれません。かわいい猫を見かけるかもしれませんし、空を眺めて季節の移り変わりを感じるかもしれません。何気ない日常、そう思うかもしれません。

ここで重要なのが、これらのことはただ漫然と歩いているだけでは意外を見過ごしてしまうことなのです。こういった事態に直面したとき、もちろんこれといった事件に発展するようなことは、まずありえないでしょう。

しかし、よく注意して見てください。ご近所さんの様子がいつもとちょっと違うかもしれません。その花の名前を知らないかもしれません。

となると、そこでただ漫然と見過ごすだけではなく、ご近所さんに「どうかされましたか?」と訊くのも、その花の名前を調べてみるのも良いでしょう。

ご近所さんから「実はさあ……」なんて切り出されて相談でもされたら印象が良くなりますし、新しく花の名前を知ることができればそれはあなたの知識になります。

そう、つまり儲けるとは【あなたにとってプラスになる】ということなんですね。決して、お金だけの話ではないのです。

応用編……仕事でも使える!

このように、儲けるということは基本的には「いかに注意を研ぎ澄ますか」ということが重要になってきます。

それはあなた個人にとってプラスになる効果を生む秘訣です。しかし、儲けるという考え方が適用されるのは、何もあなた個人に限ったことではありません。

ビジネスにおいて儲けるということはもちろん大切なことです。むしろ、誰しもが儲けることで日々を生き抜き、企業は儲けることで新陳代謝を繰り返し、世の中はまわっています。これは一般的な意味合いでの儲ける、ということですよね。

しかし、ここで言いたいことは、いわばこのような一次的な意味ではありません。仕事をする上で何よりも大切なこと、それが【相手に儲かったと思わせること】そして【それ以上に自分が儲けること】なのです。

例えばあなたがラーメン屋に行ったとします。ラーメン一杯800円、というとなかなか高めな方ですが、味が非常に良く、愛想がよく、店内の雰囲気も良かったとしたらどうでしょうか。決して800円という値段は高すぎではありませんし、ひょっとしたらもっとお金を払っても良い、と思うかもしれません。

この場合、あなたは「儲かった」ということになります。そしてそれ以上にお店も「儲かっている」ということになります。

このように、相手に「良かった、儲かった」と思わせることはビジネスにおいて何よりも大切です。つまり「値段以上の価値と満足を与える」ということになります。

儲けることの極意とは?

このように、儲けるという概念は、その言葉が持つがめつさに反して非常に幅広く使えるものです。

まず第一に自分自身のために、そして第二に相手のために。このような視線を持つことは日常においてもビジネスにおいても非常に大切な考え方です。

「情けは人のためならず」という言葉がありますが、何よりも大切なことは相手に対するキメ細やかな思いやりです。

相手に好印象を与え、「儲かった」と思わせることこそが、ひいてはそれがあなた自身のためになる、ということですね。

注意深く物事を観察し、新しいこと、知らないことがあったら積極的に調べて自分自身のものとする。

そして相手が何を今欲しているのか、どうしたら喜んでもらえるのかをよく観察し、全力を尽くす。これこそが「儲ける」上で非常に重要なファクターなんですね。

この考え方は日常でもビジネスでもかなり使えるものですので、ちょっと思い出して実践するだけで、今まで以上にプラスの効果があなたに訪れること請け合いです。是非毎日に「儲ける」という概念を摂り入れてみてくださいね!

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加