> 仕事 > 自分の大好きなことでお金を稼ぐための4つのポイントとは?

自分の大好きなことでお金を稼ぐための4つのポイントとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.06.11

大好きなことでお金を稼ぐことは、1日のうち3分の1以上仕事に時間を使っていることを考えると、その時間がどれだけ楽しいかで、人生の3分の1が決まるといってもいいくらい大切なことではないでしょうか。

8時間仕事をしたとすると、残りの8時間が睡眠で、残りの8時間が自由に使える時間だとしたら、やりたいことを増やすために睡眠時間を削るより、やはり仕事の8時間を出来る限りやりたいことにすることが出来たら、違った人生になるでしょう。そのための4ポイントとは?

1.大好きなこと、才能を明確にする

これは当たり前のことに思われるかもしれませんが、ほとんどの人がこれらが曖昧なため、何となくの人生を過ごしていることも少なくありません。自分が大好きなことを思い出し、それをやっている時の気持ちよさを感じなおすことは、人生が変わるきっかけになります。

なぜなら、人が行動する理由は痛みを避けて快楽を得るためというものなので、やりたくない仕事の痛みとやりたいことの気持ちよさのギャップが大きいほど、やりたいことを何とか仕事に出来ないかと思考錯誤をするモチベーションに繋がります。

もしそれが難なくこなせるなら、モチベーションは必要なくずっとやり続けることが出来る人もいるかもしれません。大好きなことが色々見つかったら、今度は才能を見つけていきます。

どんな人にも才能はあり、それは自分には簡単に出来て他人には簡単に出来ない、もしくは続けることが出来ない、感情的な思い入れがないものなどは才能が眠っている可能性があります。小さなことでも自分が出来ることをピックアップして、もし自分で分からない場合は周りの人に聞いてみるのもいいでしょう。

2.人の喜ぶことを見つけ、それを形にする

大好きなことが分かり、そこから才能のヒント、形が分かってきたら、今度はそれを人が喜ぶような形にしていきます。

これはどんな形にも自分の想像力次第で作り出すことができ、たとえば歌を歌うことが好きな人はそれを周りの人に聴いてもらうこと、ダンスが好きなら周りの人に披露すること、こうしたそのままやるだけで周りの人に分かち合うことが出来るものもあります。

もしそのままの形だと周りに分かち合うことが出来ないもの、何らかの趣味や特技などでもそのやり方を本にして提供することで、それを求める人はいるかもしれません。

マニアックすぎて求める人がいないような分野でも、世界中は広いので沢山の人が求めることがあります。というより、マニアックなものは希少性が高い可能性があり、それだけその分野の第一人者になりやすいメリットもあるでしょう。

ビジネスについて詳しくなくても、それをどういう形にすればもっと周りの人と一緒に楽しみ、喜んでもらうことが出来るかということを考えれば、自然とアイディアは出てくるでしょう。

そこで資金などが必要な場合は、それに共感して資金提供してくれる人を探すことも出来るでしょう。それにどれだけワクワクしていて、先見性やビジョン、将来性があればあるほど投資する人もその人に投資したくなると思います。

3.周りの人に協力してもらう

誰でも趣味や特技を黙々と取り組むことが出来ても、それをお金にするようになると周りの人に価値を感じる提供方法を考えないといけません。そこでやりがちなのは全て自分で何とかしようとしたり、とにかく専門スキルだけを伸ばそうとすることです。

もちろん専門スキルを伸ばし続けてその分野で第一人者になることは大切ですが、それと同時に自分の大好きなことをどういう形にすれば周りの人が喜ぶのかを学んだり、それが出来る人に協力してもらうことも大切です。

マーケティングやセールスが好きな人もいて、その人に協力してもらい、より多くの人と分かち合うことが出来れば、お金に繋がるスピードは加速するでしょう。

4.専門知識、スキルを高め、お金の流れの仕組みを作る

ここまでいくと、後は専門知識やスキルを高め、自分のブランドをさらにオリジナルなものにし、お金の流れの仕組みを作ることでよりしっかりとしたビジネスになるでしょう。

お金の流れの仕組みとは、自分のことを知らない人が最初に知るきっかけを作ったり、それに興味を持った人がもっと違う商品サービスが欲しくなったら提供する流れだったり、深い信頼関係が出来た人とどういう繋がりを続けるのかという流れだったりと、考え方によっては色々な方法が考えられます。

全く知らない人にいきなり高額商品を見せても興味が持たれない場合は、自分を説明する小冊子のようなものを無料で配るのも良いかもしれません。

個人でも企業でも、ブランドが出来てファンが支持してくれるようになると、価格よりもある種の出会いのような深い信頼関係、安心感を与えるブランドが出来上がると思います。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加