> 仕事 > 紙に書き出す日々のスケジュールの完璧な作り方!

紙に書き出す日々のスケジュールの完璧な作り方!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.10.03

スケジュールを紙に書き出すと視覚で確認出来るようになり、思考や予定を整理出来る可能性が飛躍的に高くなります。頭の中だけで答えを出そうとしたり、記憶しようとしたりすると、必ず支障が起きます。

これはどれだけ記憶力の良い人でも、頭が整理されている人でも同じ事が言えます。むしろ頭がいい人ほど自分の力を過信しないため、メモをとるくせをつけています。

なので今回はわたくしが、紙に書き出す事で自分の予定や思考を整理し、段取り良く物事を運ぶスケジュール作成方法をお教えしようと思います。それでは最後までお付き合いいただき、だらだら生きない、メリハリのある人生を歩まれてください。それでははじめようと思います。

目標は色紙に・日々のタスクはメモ帳に書き出す

わたしは、たとえば「今年の目標」などといった大きな目標は、色紙に書き出すようにします。100円ショップで特大の色紙を買って来て、そこに目標を書き出すんですね。わざわざ色紙に書く理由ですが、メモ帳だとチープな感じがするし、豪華に色紙に書き出す事で普段の日常のタスクと差別化する事が一番の目的です。

そしてでかでかと目標を書いたら、常に目の届くところに貼っておく。そうする事で、常に目標を意識し動く事が出来るようになります。タスクにせよ目標にせよ、視覚化する事はとても大事な事です。

人生で生きられる時間は限られており、時間は有限です。なので、上限を決めて制限を儲ける事で、ゴールを儲ける事で、やる気が出てきて、更に頑張ろうという気になります。目標達成率も高まります。

どういう一生にしたいのか常に意識する

人生というのは、スケジュールの連続です。たとえ何もせずにだらだらしていたとしても、だらだらするというスケジュールが組まれているわけです。何かを成し遂げたいのなら、何かに挑戦しないといけません。そして、何かを積み上げて行かないといけません。毎日の小さな努力の結果が大きな成功をもたらす事は、今までの人生を振り返ればわかるはずです。

わたしの今までの人生はどんなものだっただろう。現在はどんなものだろう。そして未来はどんなものになるのだろう。ありのままを受け入れ、過去から学び、変えたいのであれば、変えるための行動を起こさないといけません。

奇跡というのは待っていても起きませんが、行動によってのみ起こす事は可能になります。なので、あなたの今後の人生を変えたいと願っているのであれば、動かないという選択肢は存在しない事に気づいてください。

この大局的な視点もまた、色紙などに書き出して貼っておくのと同時に、常に財布などに携帯しておくといいでしょう。日々の生活をなんとなく過ごしていると、こういった野心というのは、すぐに忘れてしまいがちです。なので、常に手に持てるようにし、1時間ごとに見直すとかいう行為はとても効果的ですし、時間も有効に使えます。

その目標を達成するために、日々の行動や選択を真剣に考えるようになりますからね。なんとなく生きていては夢は叶いませんよ~。タイムマネージメントを制するものは人生を制すと言っても過言ではないくらい、時間の使い方は成功出来るか否かに大きく影響してきます。

なので、1分1秒を大切に生きる事です。わたしは仕事をする時、ひとりで仕事をしているとどうしてもだらだらとなってしまうので、閉店2時間前の喫茶店にわざわざ出向いて時間内に仕事を終わらせると決めたりします。

あとは、病院の診察待ちの間に、ここまでは終わらせるとかですね。とにかく自分で時間を区切り、その制限の中でやり遂げる。これはタスクをこなす事だけでなく、自信構築にもつながるんです。自分はこれだけの仕事を、30分以内に終わらせられるんだというね。

こういった小さい自信を積み重ねて行くと、大きな問題やトラブルが生じた時、大きなプロジェクトを任せられた時にも、自分は出来るだろうという、根拠の無い自信を培う事が出来ます。

スケジュールで自信強化+更なるスキルアップをはかる

根拠の無い自信というのは最強です。根拠が無いからです。根拠が無いため、他人から批難されようが、失敗しようが、壊れる事がありません。根拠のある自信というのは、形や結果が伴います。なので、それに関連する事が出来なかった場合に、崩れる可能性が高いです。自信家や力のある人が挫折する理由がここです。これは能力ではなくメンタルの問題です。

そして当然の結果として、このメンタル部分を克服し、自信に満ちた人生をおくれるようになると、スケジュールの質も上がり、更なるハイレベルのタスクをこなしていけるようになるんです。人生というのはこのように徐々に上がって行ける階段のようなものです。スケジュールを最大限に利用し、大きな成長を遂げちゃいましょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加