> 仕事 > 仕事のストレスから解放されよう!大人の逃げ場所を見つけるコツとは

仕事のストレスから解放されよう!大人の逃げ場所を見つけるコツとは

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.02.12

2014y02m11d_092730916

毎日の仕事に忙殺されて、自分にとっての憩いの時間、ストレスをじっくりと解消するための時間を取れていないという方はいらっしゃいませんか?仕事に熱中している、もしくは仕事が忙しいあまりに、気がつけばここ数ヶ月は自宅と職場の往復しかしていない、ということもあるかと思います。

ですが、心の底から現在の仕事が楽しくて仕方がなく、これから先さらに一年でも仕事漬けの生活をしていたい、という方はそうそういませんよね。

人は休憩も取らず、一息つくこともなく機械のように延々と走り続けることは出来ない生き物なのです。自分では大丈夫なつもりでも、仕事の重圧やスケジュール、仕事量は皆さんの両肩にのしかかっています。

のしかかるだけならともかく、そうしたストレスという名前の重りは、いつしか本人すら理解出来ない疲労や健康被害として表に出てきてしまうのです。楽しく、もしくは懸命に仕事に打ち込んだ結果心や体を壊してしまった、ということでは、あまりにももったいありません。

そこで、大人の逃げ道、隠れ家のような場所を見つけてそこでリラックスし、ストレスを適度に抜くために必要なことをお伝えさせていただきます。

ストレスは発散しなければならない

残念なことに、ストレスというのは非常に厄介なものです。いわば遅効性の毒物のようなもので、まだ大丈夫、まだ大丈夫と放っておくと、いつの間にか取り返しのつかないほど心身を蝕んでしまう危険性を秘めています。そんなストレスは、日々ちょっとしたことで良いので少しずつ発散しなければならないのです。

残念なことに、一週間分、一ヶ月分のストレスをたった一日で解消出来ることなどそうはありません。放っておいた汚れが頑固になり、いざ掃除をする時には落ちないこびりつき汚れとなってしまうように、ストレスもすぐに綺麗にしないと心の奥底にこびりついてしまいます。

ストレスは発散しなければ消えることはありません。一度で全てを発散仕切ることもほとんどありません。あくまで、日頃から自分はまだ大丈夫、という意識を捨ててきちんと心のケアをすることが大切なのです。

一人になる時間をつくろう

そんなストレス発散をする時、特に忙しい方であれば、大人数で集まってぱーっと遊びに行くのではなく、自分一人になれる時間と空間を作ることをオススメします。

確かに大人数で遊ぶのは楽しいことです。ですが、数人であっても誰かと集まるということは、予定のすり合わせをしなければならないということでもあります。また、たとえ気心の知れた仲、竹馬の友であっても他人は他人、やはり大人として、集まった時には、それ相応に相手に対して気を使わなければなりません。

大人数で何かをするのは、ストレスを解消するためにストレスを溜めるようなものなのです。その効果を否定するつもりは少しもありませんが、忙しい人であるほど一人でじっくり、ゆったりと肩の力を抜くことの出来る居場所を見つけるのが最良の方法なのです。

一人になるということは、何を考えても良いし、何も考えなくても良いということです。読書に浸るも良し、何か趣味に没頭するも良し、愚痴を吐き続けるのも良し、です。一人になれる空間、時間だからこそ皆さんは自分だけをいたわることが出来るようになります。仕事がイヤになった時、煩わしい人間関係のことを頭の中から追い出したい時は、そうした場所を持っておくと非常に便利です。

この一人になる時間、空間というのは自宅でも良いかと言うと、そうではありません。一人になって寛ぐ場所は、自宅の他にいくつか持っておくべきです。

確かに自宅はリラックスできますし落ち着きますが、どうしても見慣れていますし、自分の生活感に直結する場所ですので雑念も多くなります。そうしたところで休んでも、実際には休憩になっていないということがあるのです。

大人の逃げ道を見つけるコツ

そうした自分一人になれる時間、空間を見つけるには。尚且つ自宅ではダメだとすると、頼れるのは自分の知識だけですよね。そこで、大人の逃げ道を見つけるコツについてご紹介します。

大人の逃げ道として相応しい場所は、適度に暗くムードがあり、尚且つ誰にも邪魔されずに一人の時間を楽しむことが出来る場所です。

困ったときは、自宅近くにある静かなバーを探しましょう。出来たバーテンダーというのは、基本的に話したくないと思っているお客さんには話しかけないという接客スキルを持っています。

適度に暗く雰囲気のある空間の中、カウンターに座って好みの酒を傾けながら一人で過ごす。これが、効果的なストレス発散や考えの整理になります。自宅近くと指定したのは、お酒を飲んだ後でも徒歩で帰ることが出来るからです。

それならば休みの日でも、終電で帰ってきた日でもバーに寄り、その上で静かに息を吐いてストレス発散に努めることが出来るのです。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加