> 仕事 > 自分の仕事が好きになれない人へ~仕事を愛せる7つの方法

自分の仕事が好きになれない人へ~仕事を愛せる7つの方法

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.05.19

あなたは、自分の仕事が好きですか?もし、あまり自分の仕事が好きでないのなら、すぐに辞めてしまって転職活動をした方がいいかもしれません。

ですが、「せっかく入った会社を辞めるのはなんだか……」「不況の世の中だから転職には不安」という人も多いでしょう。だったら、今の仕事を好きになるしかありません。自分の仕事が好きに慣れない人は今日から改善してみましょう。自分の仕事が好きになれる7つの方法を紹介します。

1.この仕事から成長した自分を想像する

あなたが、今仕事をしている会社はあなたが入りたかった会社のはずです。時間をかけて丁寧に履歴書を書き、夢や目標などを面接で熱く語ったはずです。その時の自分を思い出して、夢や目標をもう一度思い出してみましょう。

そして、いま自分がやっている仕事から、成長した自分を想像してみます。いまの自分から、今後なりたい自分でもかまいません。とにかく、今の自分とは違って、より仕事ができるように成長している自分を想像してみれば、少しは今の仕事を好きになれるかもしれません。

2.集中して取り組む

今の仕事が好きになれないからといって、手を抜いたりして仕事をしていると、もっと仕事が嫌いになっていってしまいます。そこで、より集中して仕事に取り組んでみましょう。

あえて、今までよりも仕事に集中して取り組むことで、仕事の本質に気づいたり、今までよりも仕事が「面白い」と感じるかもしれません。もう一度、より集中して仕事に取り組んでみましょう。

3.時間の使い方に気をつける

仕事が面白くないと感じる原因はダラダラと決められた仕事をこなしているだけだからかもしれません。そこで、時間の使い方に気をつけて仕事をします。例えば、「今日は定時に帰る」という目標を設定したとしたら、その為に時間の配分をキチンと決めます。

今まで時間単位でスケジューリングをしたことがないという人は、この機会に是非やってみてください。定時にやるなどの達成感を味わうことで、仕事に対する姿勢が変わってくるはずです。

4.ポジティブでいる

気持ちがネガティブになっていて、仕事に向かおうと思っても良い結果は出ません。すると仕事も面白くなくなってきて、やる気ややる意味が見いだせなくなってきてしまい、自分の仕事が好きになれなくなってしまいます。気持ちを明るくポジティブに持つことで、仕事に取り組む姿勢を根本から変えていきましょう。

5.スケジュール通りに仕事を進める

週に何度か(なるべく毎日)スケジュール通りに仕事を進めることが出来るようになったら、段々仕事も面白くなってくるはずです。スケジュールをきちんと組み立てて、それにそって仕事が終われば達成感を感じることができます。「やりきった」という達成感は仕事をしたり、行動したりする時の大きな原動力になります。

6.余暇を大事にする

どうしても仕事が好きになれないと、休みの日は一日中家に閉じこもってダラダラと過ごしてしまう事が多くなってしまうかもしれません。ですが、平日の仕事をうまく進めていくためには、休みの使い方を大事にする必要があります。

余暇こそ、気持ちを切り替えたりするために趣味に没頭したり、友達や恋人と出かけたりして、平日に感じたストレスを発散させるようにしましょう。

7.仕事自体を愛せるようにする

「今の仕事が好きではない」というのは、ほとんどの場合「今の会社が好きではない」ということが、よくあります。もし、会社が嫌なら転職という道もありますが、なるべくそれを避けて今の会社にいたいというのであれば、仕事そのものを愛するようにしましょう。

仕事をして、お金を稼がないとせっかくの休日や趣味を思う存分楽しめないように、仕事をすると言うことは大事なことです。ですが、それがお金を稼ぐ手段になっているのであれば、仕事が好きになれるわけがありません。

自分の仕事そのものを愛するようにしましょう。ただ、仕事第一と考えるのは大切な人や自分の生活をないがしろにしてしまうかもしれないので、あくまでも愛するようにしましょう。

まとめ

仕事が好きになれない人が、仕事が好きになる方法

1.この仕事から成長した自分を想像する
2.集中して取り組む
3.時間の使い方に気をつける
4.ポジティブでいる
5.スケジュール通りに仕事を進める
6.余暇を大事にする
7.仕事自体を愛する

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加