> 仕事 > 失敗して凹んだ時に実践すべき「全てが成功だ」という前向きな思考法

失敗して凹んだ時に実践すべき「全てが成功だ」という前向きな思考法

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.12.25

あなたにとって失敗と成功って何だか分かりますか?何をしたら失敗で何をしたら成功か?実は短期的には失敗と思っていたことも、それのお陰で長期的な成功につながることもあります。全てが成功という考え方をしましょう。

失敗の本質を理解しているか?

仕事をする中で失敗をしてしまった時、そのまま落ち込んでしまうことはあるかと思いますが、他人の失敗を見て落ち込むことはありませんよね?

失敗を自分のこととして捉えているか他人のこととして捉えているかの違いによって、落ち込んだり平気だったりするのです。

そういう風に、物事を俯瞰をして見ると、失敗の見え方が少し変わります。

そもそも、あなたにとっての失敗とは、万人にとっての失敗なのでしょうか?あなたの失敗そのものに客観性があるのでしょうか?

他人が「失敗をした」と相談に来たとします。本人にとっては失敗だから相談に来ました。しかし、内容を聞いていると、あなたにとっては大したことでも、失敗と思えるようなことでもないという場合ってありませんか?

本人は失敗だと思ってクヨクヨしているのですが、あなたから見た場合には、単なる出来事に過ぎず、なぜそれを失敗だと思うのかが分からない場合があるかと思います。

この様に、失敗というのは見る人によっても変わります。失敗をどう捉えるかによって、実は失敗ではないという場合があるのです。

長いスパンで考える

失敗をしたと思っても、それは短期的な発想の場合が多いのです。短期的に見ると、その失敗によって何らかの不利益があるかも知れません。しかし、長期的に見た場合、そのお陰で成功したのだという場合は沢山あるのではないでしょうか?

あの時出した見積もりが高すぎて、他社に取られたおかげで今後の見積もりの戦術を見直すことが出来た。そのおけげで受注率が随分上がったとか、あの時大クレームが来たおかげで、きめの細かい仕事が出来るようになったとか。

仕事に限らず、あの時に失恋したおかげで、その後、今の彼女と出会って交際が出来たということもあります。

その時の短期間の視点で見ると、失敗と思えることを、一歩引いて向き合うと、失敗というようなものではないのだということです。

事業もそうです。短期的な利益を求めると、失敗や成功に一喜一憂しなければなりませんが、長期的に考えると失敗や成功は学びの手段でしかなくなるでしょう。

どうせなら、全てが成功なんだという考え方でいる方が前向きで良い結果を生みやすくなります。失敗という概念を自分の中から消しましょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加