> 仕事 > 起業して成功する人はなぜ成功する?成功しない人はなぜしない?

起業して成功する人はなぜ成功する?成功しない人はなぜしない?

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.02.12

起業して成功する人を見ていると成功しない人と比べて違うことをしていることが分かります。

また、これは「起業」というテーマだけじゃなくどんなことにも言えることで、これから見ていくことを当てはめていくと客観的に自分を見ることも出来ると思います。

起業して成功する人は、そうでない人とどういうところが違うのでしょうか?

成功する人は違う行動をする

これは当たり前と思われることかもしれませんが、成功する人は成功しない人と違う行動をする、高い視点から見たらそう言えるようです。

起業するしないという点から見ても、起業したいけど出来ない人と起業したくて起業する人を見ればどちらも違う行動をしています。

そして、起業してから成功する人と成功しない人も違う行動をしていて、起業だけじゃなくダイエットをしようと決めて出来る人と出来ない人も違います。

こうして比べてみると、同じ行動をしていても同じ結果が出ない、成功するパターンが出来ない時、それは感情と思考を見ていないからとも言えます。

行動だけ見れば同じように見えても感情と思考が違えばそれを続けることが難しくなったりモチベーションが下がったり、色々な感情を感じながらすることになるかもしれません。

起業して成功する人の行動も感情と思考から来ていて、ワクワクしながらやるのか、大変さと辛さ、面白くなさを感じながらやるのか、同じ行動をしていても、長い目で見れば結果が分かれてきます。

起業は価値を生み出す、それも他の人となるべく被らないように独自のオリジナリティがあるものを提供することで、自分も周りもわくわくしてずっとビジネスを続けていくことが出来ます。

それを儲かりそうという理由で起業しても、それが自分の楽しいことじゃなければ退屈を感じたりやりたくないことをしないと儲からないということで嫌々やっていても上手く結果に結び付かない、結果が出たとしても変化の流れについていけるか、ついていけたとしても周りと提供出来る価値が同じになって価格競争になる可能性もあります。

そういう点から見れば、長期的に起業で成功している人は、スタートする時点から行動が違い、行動が違うということは感情も思考も違い、いかに儲かりそうなものを選ぶかというより自分が幸せを感じて一流になれるものを見つけて、それを楽しみながら上達させていき、周りの人と分かち合った結果、自分しか提供出来ないオリジナルな商品サービスが出来て、成功する流れが多いようです。

成功する人は違うところを見る

ここでチェックしておきたいのは「成功」という言葉は曖昧だということです。

お金持ちになったら成功、健康になったから成功というのは一個人の見方で、リラックスして遊ぶ生活がしたい人は、それが成功といえます。

「お金持ちになりなさい」とか「成功しなさい」といったことではなく、あくまで成功の基準は人それぞれということで、ここでは「起業の成功」というテーマで見ていきますが、なにも起業しないと成功じゃないということではありません。

起業で成功する人のもう1つのポイントは、見ているところが違うということで、他の人はどうしていいか分からない、もうだめだと諦めているときでもどこかに抜け出す方法を見つけるために色々な視点から考えたり行動したりするようです。

自分たちが扱っている商品サービスを使っていない地域があって、そこで「ここはだめだ、需要がない」というのか、それとも「ここはまだ誰も使ってない、チャンスだ」というのか、それによって大きなチャンスにも見えるし大きなミスにも見えます。

もし誰もが同じ方向に進んでいるなら、自分は真逆に進んでみると意外な答えが見つかるかもしれません。

何が妨げになっているのかを見る

そして、起業して成功しない、理想の結果が出ていないのは「何が妨げになっているか」も見るようです。

商品サービスを買ってくれないのは何が妨げになっているのか、何を取り外したり加えたりすればもっと求める人が増えるのか、利益の妨げになっていることは何かといったことを見ることで、その答えにアプローチしていくことが出来ます。

起業するかしないかで迷っているなら、何が起業の妨げになっているのか、ただ茫然と「起業したい、でも出来ない」と考えるより、何がなかったら起業しているか、それは「不安」かもしれませんし「周りの反対」かもしれません、そうしたものを見ていくと今までと違った視点で物事が見れるようになると思います。

起業だけじゃなくどんなことでも理想の方向性があれば、その妨げになっているものは何か、それが分かってそこにアプローチすればより速く理想の方向へ進めるのではないでしょうか。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加