> 仕事 > 社内での仕事や人間関係がうまくいく嘘のつき方とは?

社内での仕事や人間関係がうまくいく嘘のつき方とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.08.12

嘘も方便という時もあります

正直に生きたいので嘘はつきたくないと思う人は多いかもしれませんが、嘘をつくことによって社内の人間関係が円滑になることもあるのです。例えば女性社員に対して髪型やメイクを褒めるということにより、相手はとても嬉しい気持ちになります。

あまりにも似合っていない場合は逆に優しく伝えてあげた方がいいかもしれませんが、そうではない場合でしたら、女性に対しては褒めてあげるようにしましょう。似合うねというようなことを言ってあげることで、女性社員が自信を持つということにもつながるのです。

それは男性にも言えることです。服装や髪型について褒めてあげるということが必要です。それがそんなに似合っていなくても、いいねーというように言ってあげるだけで関係が良くなることは多々あります。この人は自分の味方だと相手が思ってくれる可能性が高くなるからです。

仕事においての嘘とは

仕事において嘘をつくということは、結果として自分を守ることになる場合があります。残業続きで疲れている時に、今日もまた残業というように言われた場合に、何かとても重大な用事があると言って断ることも必要です。

それによって、自分の心身のバランスを保つことが出来るということもあるのです。いつも残業を受けてばかりいると、それが当然というようになってしまい、結果として心身のバランスを崩すこともあります。

そのようにならないためにも、要領よく嘘をつくということをたまにはしてみましょう。いつもそれをしてしまうと、嘘だとばれてしまうこともありますので、たまにというように自分で調整をしてみることが必要です。

取引先に対しての嘘について

例えば知らないことを知らないと相手に言うことは恥ずかしいことではないのですが、それによって仕事がうまくいかなくなることもあります。その時は適当に知っているフリをするということも必要な時があります。

もちろん一人になった時に後から調べておくことは必要です。そしてたまには「すみません、勉強不足なもので。後で必ず調べてご連絡します」と言うことも必要です。ケースバイケースということなのです。

嘘をついてその場を切り抜けられそうなら嘘をついてもいいでしょう。切り抜けられそうもなければ、必ず調べてでも連絡をするという誠実な態度を取ることが必要になります。その辺りは柔軟性が必要になってくるでしょう。柔軟性に欠けるというようなことをしてしまうと、仕事がうまくいかないということも結構ありますので、訓練が必要かもしれません。

すぐばれるような嘘はつかないように

すぐに嘘だとばれるような嘘をつくと、結果として人から嫌われてしまうことになります。相手との人間関係を良くしようと思ってついた嘘だったとしても、嘘のつき方が上手ではないと、あの人は嘘つきだというように思われてしまうのです。

そうなると相手との距離が広がってしまうことになります。せっかく相手との距離を縮めようと思ってついた嘘なのに、失敗してしまったということになるでしょう。そうならないように嘘のつき方というものをある程度考える必要があります。

なんでも嘘をつけばうまくいくということは決してないのです。必要な場面での嘘というものを自分で理解するようにしましょう。そしてその時に嘘をつくようにすることが重要なのです。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加