> 仕事 > 会議室では発想が鈍る。アイデア出しは会社でするな!

会議室では発想が鈍る。アイデア出しは会社でするな!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2012.01.03

W580Q100_meetingroomidea-3

会議室は発想を鈍らせる最悪の空間

もし、あなたが新商品のアイデア出しの為に会議室に向かっているのなら、それは大きな間違いです。

少なくとも、会議室でプロジェクトメンバーと机を囲って、「あぁでもない」「こぉでもない」と頭をひねりながらアイデアを出しているのは、ブレストでも何でもありません。それは、ただの時間つぶしです。

ほとんどの場合、会議室という閉鎖された空間ではアイデア出しの邪魔になります。会議室に集まって、数人で話し合って突然ひらめくというのは、ごく稀な事です。

会社という限られた空間、いつものメンバーでの話し合いでは、生まれてくるアイデアはひどく小さいものだったりします。では、一体どうすればいいのでしょうか?

一時間以上のアイデア出しは無駄!

ミーティングと称してのアイデア出しほど無意味なことはありません。「三人寄れば文殊の知恵」とはいいますが、知恵と発想は違います。

会議室は知恵を披露する場ではありません。複数人でブレストすることに利点はありますが、それはアイデア出しというよりも、「皆で同じ方向へ目指している」だけです。「新しいアイデアを出す」という行動ではありあません。

“ひらめく”という経験は誰もがしたことがあると思います。では、思い出して下さい。”ひらめいた”時、あなたは誰かと話しながらでしたか?それとも、一人でいた時でしょうか?
多くの人が「一人でいた時」と答えるのでは無いでしょうか?

そう、“アイデアを出す”という行為は一人でやった方が効率的で、思いつきやすいのです。一時間以上、アイデア出しをするような会議は今すぐやめましょう。アイデアは次の会議までに個々人で発想した方が、会議自体もスムーズに行えます。

会議室でのアイデア出しは時間の無駄なのです。

10分でも空き時間があるなら、喫茶店に入るべき

では、一体どこでアイデア出しをすればいいのでしょうか。会社の自分のデスク?それとも別の場所?オススメは喫茶店やコーヒーショップです。

会社では、ひらめきを邪魔する物が多くあります。頻繁に掛かってくる電話やコピー機の音、同僚達の会話、上司に他愛も無い用事で呼び出されたりもしますよね。そう、会社って結構気が散って発想に最も向かない場所なんです。

そこで、喫茶店やコーヒーショップがオススメです。喫茶店やコーヒーショップでも、他の店員や他の客の話し声、カップが当たる音など、いろいろな音が聞こえます。ですが、不思議とそういう音は気が散らなかったりします。それは、会社では聞こえない音だからです。

普段、会社では聞かない音を聞くことで、刺激を受け、アイデアが出やすくなります。営業帰りや打ち合わせ終わりに10分でも時間ができたら、喫茶店に入って一人ブレストでアイデア出しをしてみましょう。

突然の思いつきに備える

アイデアは意図していない時、突然降りかかってきたりします。そんな突発的なアイデアをメモする環境を絶えず作っておきましょう。

手帳にアイデアを書き留めるのももちろん、スマートフォンのメモ帳やクラウドにアイデアメモを作っておくのもいいでしょう。突然思いつくアイデアも逃さずキャッチしておきます。

通勤中の電車の中でも、プライベートで近所を散歩しているときでも、すかさずメモが取れる状態にしておきましょう。

アイデアは会議室では生まれない

「事件は会議室で起きてるんじゃねぇ!現場で起こってるんだ!」と叫ぶ映画がありましたね。アイデアも同じです。

会議室という空間は不思議と発想が鈍る空間です。時間も効率的ではありません。アイデアを出すというのは、とても難しい作業です。ですが、アイデアは不思議と閉鎖された空間よりも、開放的な所や、全く関係ないときに突然やってくるものです。

あなたの仕事が、アイデアを非常に重要視するような業種なら、いますぐ会議室を飛び出しましょう。アイデアは会議室では、なかなか生まれないものです。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加