> 仕事 > 決断力が無くても大丈夫!良い上司に必要なのは聞き上手であること!

決断力が無くても大丈夫!良い上司に必要なのは聞き上手であること!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.03.04

良い上司に恵まれると、仕事がしやすいというのは、社会の中でごくごく自然に考えられていることです。

全ての会社にいる上司が部下にとっての良い上司であれば言うことはない訳ですが、しかしそもそも良い上司というのは一体どんな人なのか、皆さんは考えたことはありますか?

良い上司、というのは具体的なようでいてかなり漠然とした概念のようなものです。その人によって良い上司にイメージは違うでしょう。これまでに良い上司と巡りあった方はその上司のことを思い出し、その人のことを基準に考えるでしょう。

不幸なことにこれまで一度も良い上司と巡りあったことない方は、せめて今の嫌な上司とは違う人ならばそれでもう良い上司だ、と思うかもしれません。

上司の立場にある人からしても、どんな人を目指せば部下から良い上司と思って貰えるのか、中々わかりにくいところですよね。

そこで、良い上司とは、ということを具体的に一つご紹介させていただきます。良い上司とは、聞き上手であれば、それだけで良いのです。

仕事が出来るのが良い上司、では上司の仕事って?

多くのビジネスマンが思い描く良い上司というのは、大抵恐ろしく仕事が出来る存在であるか、度量が広くてのびのびと働くことの出来る存在であるかの二つくらいに分類出来るのではないでしょうか。

確かに、平社員ではなく上司という階級にまで登っているのですから、平社員よりも仕事が出来るはず、出来なければならないと思うのは当然のことです。

しかし、そもそもの話上司の仕事ってどんなものだと思います? 部下がやっているような仕事を、部下の半分の時間ですることが出来る。それではただの、仕事の手が速い人、というだけですよね。

上司の仕事というのは、部下を管理監督することです。もちろん上司自身が書類を決裁したりメールチェックして取引先に赴くこともあるわけですが、部下を指揮する、という役割を果たす人が必要だからこそ、上司という階級が設けられているのです。

つまり、極端な話、部下と同じ仕事をしても部下には全く敵わない。そんな上司でも問題は一つもないのです。

仕事の出来る部下を上手に使うことが出来る。男女の違いも年齢の違いも幅広いう数人から数十人、時にはそれ以上の人を指揮して日々仕事を仕上げていくことが出来る。

それが、上司の仕事です。そしてそのために必要なのは、決断力や強いリーダーシップ、カリスマ、大きな度量ばかりではありません。

聞き上手であれば良いのです。

聞き上手な上司とは

部下にとって最も嫌なことは何でしょうか。それは、自分の仕事が正当に評価されないこと、自分の意見が全く受け付けて貰えないこと。要するに、職場においてお前の存在など取るにたりない、と無視されることなのです。

上司に何を言っても取り合って貰えない。自分の手柄が自分の手柄にならない。いくら人格的に魅力的な上司であろうと、誰よりも仕事の出来る上司であろうと、そんな環境では仕事を頑張っていくことは出来ません。

遠からず、会社を辞めたりやる気を失ったりしてしまいます。職場で仕事をする一つの生き物に見立てた時、上司は命令を出す頭、部下は実際に仕事をする手足になります。

頭がどんなに効率のよい命令をしても、手足が動かなければ仕事は進みません。頭がどんなに素晴らしいことを考えていようと、実際に手足に命令を飛ばさなければそれが伝わることはありません。

これまでにない画期的な仕事の方法を考えだしたところで、手足が慣れていなければ戸惑いが先に立ち、まごついてしまいます。

しかし、頭が命令を飛ばす時手足が動きやすいように気を使えば、その限りではないです。手足が疲れたと言ってきたらそれをきちんと受け止め、少し休憩を取らせる。それが出来ないと、手足はどんどん疲れていってしまいます。

ただ、手足のやる気を引き出してあげられれば、頭からの命令がなくとも手足は動きます。意識しなくても自転車に乗れるように、です。

結局のところ、上司に求められるのは部下のことをしっかりと把握し、部下の意見を聞いてあげることだけなのです。

普段から話しかけやすいように何かと心を砕いている。部下が何か意見を持ってきた時、質問がある時は部下に言いたいだけのことを言わせてあげる。それが出来れば、部下は話を聞いて貰っているから無視されているのではない、と感じることが出来ます。

特別意識しなくても自転車に乗れるように、手足である部下というのは自分のやるべきことややりたいことをきちんと分かっています。上司に決断力が無くても、部下たちは部下たちで、評価さえしてくれるのであれば勝手に仕事を進めてくれるのです。

いちいち上司が口うるさく指示を出すよりは全体的に効率が良くなりますし、上司の仕事だってずっと楽になります。

良い上司というのは、部下のことを無視せず、きちんと話を聞いてあげられる聞き上手であれば良いのです。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加