> 仕事 > 【出来る男の自己管理】モチベーションを持続させる方法

【出来る男の自己管理】モチベーションを持続させる方法

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.01.21

自己管理がきちんと出来ている男性は、とっても魅力的ですよね。そして「出来る男」という感じがしますね。

何かをやり遂げようと思っている時に、どうしても途中でモチベーションがダウンしてしまう…。最初はいいけど、段々と続かなくなってしまう。途中でやめてしまう。そんなことが多くありませんか?

何かを成し遂げるために一番大切なのは、モチベーションを持続させるということに尽きます。モチベーションが下がったら、全ては終わってしまうからです。

ではどうしたら最初の頃のモチベーションをずっと持続していられるのでしょうか?

スポーツ選手なども、小さい頃からずっとプロ選手になるためにストイックに練習を続けますよね。そうなりたいと強く願っているからこそ、その人に近づけるように頑張るのです。ということは、何かをするにあたり、「目指す目標となる人を決める」というのも一つの方法です。

挫けそうになったら、「あの人も頑張ってるのだから…」とその人を思い浮かべると良いのです。

コツコツ努力していくと、時に壁にぶつかりますよね。壁にぶつかった時、「どうせここまでなんだから」と思うのと、「この壁を乗り越えたら…」と思うのとでは、後から考えるとその人の人生が変わってしまう程の差が生まれています。

そうなのです。大切なのは、時々目標とする人のことを考えることです。もしくは、目指している場所、自分の描いた未来を常に思い描き続けるのです。そうすることによって、「後○○年したらこうなってるだろう自分」というものを想像しながら頑張れるのです。

人は未来が見えると、不思議と頑張れるものです。砂漠を歩いていて、「後○○キロ歩けば泉がある」とわかれば、自然と頑張るエネルギーが沸いて来ますよね。人の頑張る源になるものというのは、これに尽きるのです。

それでも、「どうしても頑張れない…」というような場合には、「初心に帰る」のもお勧めの方法です。

「あの時どうしてあんなに頑張ろうと決めたんだろう…」と初心に帰ることにより、その時の気持ちが蘇って来ます。不思議なもので、その時のことを考えると、その時の情景など全てが浮かんできます。そして、もう一度頑張る決意をするのです。

もう一つお勧めなのが、「たまに自分にご褒美を与える」という方法です。人間というのは、本来怠け者なのです。だけど、ご褒美をもらえることによって、より頑張ることが出来る生き物なのです。

だから、「ここまで頑張ったら○○をしよう」など、自分にご褒美を与えることによって、モチベーションを持続することが出来るのです。

チベーションが完全に落ちきる前に、何かしらの対策を取ることによって、目標を達成出来るのではないでしょうか。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加