> 仕事 > 優秀なビジネスマンがどんな相手からでも良いところを見つける理由

優秀なビジネスマンがどんな相手からでも良いところを見つける理由

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.02.12

2014y02m11d_090809685

優秀なビジネスマンが普段どんなことに気を使っているか、考えたことはありますか?優秀といっても色々あると思いますが、日本の資本主義社会の中で働いているビジネスマンは、様々なことに普段から気を使って仕事をしていますよね。

しかし同じ社会で、もしくは同じ会社で働いているのに妙に出世が早い人、やけに仕事が出来る人、何故だか上司から可愛がられている人と、それぞれに差がついてしまいます。

何故自分と相手には差がついてしまうのか、それを解決する糸口になるのが、優秀なビジネスマンが普段どんなことに気を使っているかということなのです。優秀なビジネスマンは皆どんな相手であっても良いところを見つけることを心がけています。

どうしてそんなことをしているのか、それをすると何が良いのかご説明いたします。

優秀なビジネスマンとは

優秀なビジネスマンとは、単純に仕事が出来るビジネスマンのことを指すのでしょうか。いいえ、それは少し違います。

優秀なビジネスマンとは、ビジネスにおいて他人より多くのチャンスを掴み、そして他人より多くの結果を出す人間です。その途中で仕事をするのが速いということはあっても仕事が出来るから優秀だというわけではありません。

どんなに仕事をする能力が高くても、そもそも仕事が見つからなかったり、いざ仕事を見つけてやってみてもミスをしたり、もしくは仕事の規模と成果が小さいものであってはその能力は十分に発揮出来ないのです。

自分の能力に合わせて、もしくはもっと成長するために少し難しいかわりにやりがい、つまり規模や成果の大きな仕事のチャンスを掴むことが出来なければ、どうあがいても結果には繋がりません。

同時に、そうやって引き寄せたチャンスも、仕事をミスしてばかりでは意味がありません。ビジネスにおいて高い評価を受けるというのは、いかに質の高いチャンスをたくさん手繰り寄せ、失敗しないようにするかということなのです。

要するにチャンスを引き寄せ、引き寄せたチャンスを達成する能力が必要になるのですが、そうした能力を得るためには、人との関わりが絶対に欠かせません。

貴方がどんなに仕事の出来るビジネスマンであっても、上司から仕事をもらえなければ活躍することは出来ません。大きな商談を纏めようと思っても、そもそも取引先の相手に気に入られていないと商談に漕ぎ着けることすら出来ないでしょう。

ビジネスは自分一人で何とかなるものでもなく、自分一人で何とか出来るものでもないのです。絶対にビジネスをする時は相手がいますし、会社組織の中で働いているのであれば上司がいるはずです。

たとえ自分が社長で会社を経営していても、取引先には人がいます。いかに人間関係を円滑にするか、優秀なビジネスマンは人と人との繋がりの大切さをよく分かっているからこそ優秀になれるのです

チャンスをもらうために、どんな相手とも仲良くなる

仕事のチャンスは、いつどこから転がりこんでくるか分からないものです。自分がいくら敏感にアンテナを立てていても、ビジネスチャンスを捉えるのは容易なことではありません。

しかし、もしも貴方の周囲の同僚や上司、取引先の人たちがそのチャンスを見つけ、貴方に回してくれるとするならどうでしょう。一人では掴めないチャンスも、人間関係が広ければ広い分、掴みやすくなるのです。

そのために必要なのが、どんな人であろうと出会った相手と仲良くなるということなのです。ビジネス上の付き合いは利害関係にすぎないものですが、それでも嫌いな相手と仕事をするよりは、好ましい相手と仕事をしたいと思うのが人情です。

対して気に入っていない相手を助けてやることはなくても、気に入っている人が困っていたら、助けてやりたいと思うものなのです。優秀なビジネスマンは、この気に入られる人、好かれる人になるために努力しています。そうすればチャンスを掴む可能性が高くなるだけでなく、ミスをした時に手助けしてもらえたり、もしくは仕事のやり方について助言をもらえることもあるからです。

優秀さ=どれだけ人から好かれるか

優秀なビジネスマンは、それだけ多くの人、もしくは他の優秀な人たちから好かれています。だからこそ彼らはチャンスをものにし、優秀だとされているのです。

そのために、どんな相手であってもまずは良いところを探します。仲良くなるのに相手のことを嫌っていては意味がありません。自分が苦手なタイプの相手であろうと、一つも良いところが無い人間などいないのです。

社会で評価されているということは、何か優れたものがあるということですので、自分から相手のことを知り、それを足がかりにして相手と仲良くなるのです。良いところを見つけ、そして仲良くしようと近づいてくる人を邪険に扱う人はいません。自分が優秀なビジネスマンになるために、周囲の人を認め仲良くしましょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加