> 仕事 > 出来る男のビジネススキル獲得法!一流の男を真似して身につけよう

出来る男のビジネススキル獲得法!一流の男を真似して身につけよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.02.15

2014y02m12d_163110949

毎日会社で思い思いに働いているビジネスマンの皆さん、自らのビジネススキルというものはどうやって手に入れ、磨いていますか?もちろんその方法は人によって色々とあるかと思います。

ですが大抵の場合、完全に何も知らない状態から入り、その会社の先輩や業界の先達などに揉まれながら少しずつ仕事のやり方を覚え、数をこなして慣れというようにして、自分に向いた形に研磨していっているのではないでしょうか。

そういったビジネススキルの獲得の仕方は、非常に一般的で普遍的なものです。スタンダードと言っても差し支えないでしょう。ですが自分と同じ時期に入社し、同じように働いているはずなのに、自分よりもずっと先にいってしまっている同僚を見て悔しいと思ったことはありませんか?

入社した時からスペックが対して違わなかったのにも関わらず、気がつけば相手は自分よりもずっと早く出来る男になっている。どうして自分と相手に違いが出るのか、考えてしまうものですよね。

どうせ同じ時間、同じように働くのであれば、一足飛びに成長し、さらにビジネススキルを獲得していく相手のように働きたいものです。ですので、そんな出来る男はどのようにしてビジネススキルを獲得しているのか、ということを皆さんにご紹介させていただきます。

効率の良い方法は往々にして努力に勝ります。自分のビジネスパーソンとしての成長速度を高めましょう。

最も効率の良い勉強とは

学習、この場合では総合的なビジネススキルを学習する時、およそ最も効率の良い方法とはどんなものなのでしょうか。その答えこそが、貴方よりも先に出世している相手との差なのです。

人間が新しいことを学習する方法はいくつかあります。自分で考える、誰かに教えてもらう、本などで勉強する、大体この3つに分けられるでしょう。この3つの学習方法を分かりやすい順、効果が出やすい順に並び替えると、誰かに教えてもらう、自分で考える、本などで勉強する、という順番になるのです。

本で勉強するというのは、ビジネス書や実用書を買い込んで、やれ年収が高い男はこういう習慣を持っている、教養のある男はこういう風に物事を考える、誰々が考えた効率的な仕事方法はこれだ、というような知識を学ぶことです。

ビジネスの場で必要になるのは、本に書かれているような抽象的な知識ではありません。目の前のある仕事をきちんとやり遂げる実務の能力です。いくら本を読み込んだところで、どうしてそうした習慣が大切なのか、本で言われている効率的な仕事のやり方はどうして効率が良いのか、実務として肌で理解出来ていなければ身にならないのです。

自分で考えるというのは、本を読むのと大差のないくらい成長速度の遅い学習法です。いくら考えたって、分からないものは分かりません。仕事に必要な知識とは、単なるルールではなく色んな社会的な慣習や法律の決まり、文書のフォーマットなど決められた形というものが存在するからです。

もちろん常に自分で仕事のやり方を考える、疑問やもっと効率化出来ないかという考えを持つのは非常に大事なことですが、基礎が身につくまで非常に長い時間が掛かってしまいます。

最も効率が良いのは、間違いなく誰かに仕事を教えてもらうことです。実際にその仕事をやっている人の教えは、これまでに上げた本の知識や自分がそれまで考えた仕事のやり方、さらに上の先輩などから習った仕事のやり方などをミックスし、自分なりに効率化したものだからです。

どんな人間にとっても時間というものは有限です。限られた時間で最大限の効果、成長を望むのであれば、誰かが時間をかけて効率化してくれた方法を踏襲していくのが最も時間対効果が高いのです。

真似をするなら一流の相手を選ぼう

そんなわけで、少しでも早く出来る男になりたいという人は誰かに仕事を教えてもらったり、誰かの仕事のやり方を参考にして模倣するのが手っ取り早いです。

しかし仕事のやり方というものは、教えてくれる、もしくは参考にする各人によって微妙に異なるものですよね。よほど機械的にマニュアル化された職場でもない限り、教えてくれる人の癖というものがあるものです。そして、同じように仕事を教えてくれる先輩にも、仕事が出来る人、仕事が出来ない人という違いは必ずあるのです

仕事が出来ない人の方法よりも、仕事が出来る人の方法の方がより洗練され、効率化されているのは、言うまでもないことです。同じ時間をかけて仕事のやり方を教わるのであれば、仕事が出来ない人ではなく一流の相手を選ぶようにしましょう。

たとえ自分の指導担当が仕事の出来ない人であっても、同じ部署にいるのなら、その気になれば質問をしたり仕事を盗み見たり出来るものです。そうやって一流の相手から効率の良いビジネススキルをどんどん真似して手に入れることが、短い時間でも同期や同僚よりも出世する出来る男になる方法なのです。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加