> 仕事 > 一流のビジネスマンになりたいのなら、身近にいる一流の男を探し出せ

一流のビジネスマンになりたいのなら、身近にいる一流の男を探し出せ

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.02.06

2014_2_68

ビジネスマンの皆さんも、社会に出て働いている以上一度ならずとも「一流の男になりたい」と思ったことがあるのではないでしょうか。大抵の男性には野心というものがあり、それはキャリアを積んだり昇進したり、社会的な成功をおさめたりするために、非常に大切な原動力となります。

男は見栄を張る生き物ですので、内面も外見も下品であるよりも品が良く能力も優れている、一流のビジネスマンになりたいというのは当たり前のことなのです。

しかし、いざ一流のビジネスマンを目指すとなった時、その方法が分からなくて困るということもありますよね。多くのビジネス本を読み漁ったり、自分なりに創意工夫して成長しようとするのですが、そうそう上手くはいかないものです。

最も効率の良い学習法というのは、模倣から始まります。独学であがくよりも、身近にいる一流の男を探しだして彼らに学んでみませんか?

一流の定義とは

一流のビジネスマンというのは、一体どういう人たちのことを指す言葉なのでしょうか。実は、この問いに対する唯一絶対の答えというものは存在しないのです。

何故ならば、一流の定義というのは非常に曖昧で、またその職種や業界によって一流の定義そのものも大きく異なるからです。

世界的に有名な商社でトップセールスを叩きだしているビジネスマンは、間違いなく優秀ですし、一流と言って差し支えないでしょう。同じように、他の誰よりも仕事が速く、そして仕上がりも素晴らしいものを生み出す大工という職人も、また一流のビジネスマンと言えるのです。

だからこそ、自分が一流になりたいのであれば、自分の中で一流のビジネスマンとは何ぞやという定義を固めておかなければなりません。その定義がしっかりとしていないと、どんな人をお手本にすれば良いのかが分からなくなってしまいます。

お手本にする人が分からないということは、一流のお手本が見つかるまでひたすら自助努力で一流を目指すしかないということなのです。

一流になるためには、一流とはどんなものなのかを知っておかなければなりません。

一流の男が身近にいない、なんてことはない

どんな社会、どんな会社、どんな業界にも必ず一流の男はいます。恐らくですが、一流のビジネスマンをお手本にしなさい、と言われた方の多くは「一流のビジネスマンなんて身近にいないよ!」と思ってしまうのではないでしょうか。

確かに一握りの仕事が出来る一流の男を見つけるのは、とても大変そうなことに思えますよね。そこら中に一流の人が転がっているのであれば、皆が同じことを考えて一流になっている筈です。

しかし敢えて言いましょう。一流の人が身近にいないという種類の発言をしている人は、「一流のビジネスマンを見抜く目」を持っていないだけなのです。厳しい言い方をすれば、お手本になるようなビジネスマンがいないからと、努力を放棄しているに過ぎません。

さきほども述べたように、一流の男は、一山いくらでその辺に転がっている訳ではありません。ですが、良く探せば必ず身近に一人は、一流と呼んで差し支えのない人間がいるものなのです。

ピンと来ない人にはこう聞いてみましょう。あなたの会社には、あなたよりも仕事が出来る人はいないのでしょうか。あなたの会社の取引先には、あなたよりも経験や知識のあるビジネスマンはいないのでしょうか。あなたが通勤時に、何気なく通っているオフィスビルの中には、あなたより優れている人はいないのでしょうか。

お分かりいただけるでしょうか。一流の人がいないということはありえません。しっかりと周囲に目を向け、一流の人間を探す意識さえ持っていれば、必ず社会には一流の人間がひしめいているのです。

もしも全く周囲にお手本になるような人がいないというのであれば、まずは自分が知り合うことの出来る人達の中で、自分が一番仕事の出来る人間になってみて下さい。

その途中では、先輩や会社の上司、もしくは社長など色んな人と内心で競ったり仕事を教えて貰ったりするはずです。ビジネス、仕事は一人で出来るものではありませんので、あなたが周囲の人よりも明確に出来るビジネスマンになるまでは、周囲には自分より上の人が溢れているということになるのです。

身近にいる一流の男というのは、何も全てが完璧な人でなくとも構いません。相手の人柄や地位がどうであれ、現時点のあなたよりも優れた何がしかを持っていれば、それは一流の一つなのです。

自分より優れたものであれば、どんどん取り込んでいくべきです。完全無欠のお手本になるビジネスマンが見つからずとも、小さな身近にある一流を積み重ねて行けば、必ずあなたは一流へと近づいていきます。

一流のビジネスマンになるために必要なのは、周囲に無数に存在している自分以外の一流の存在を見つけ、そこから必要なもの、有益なものを吸収するその観察力や熱心さにほかならないのです。だから、積極的に周囲の人たちに目を向けましょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加