> 仕事 > 文章の読解力を身につけると仕事にも役立つって本当?

文章の読解力を身につけると仕事にも役立つって本当?

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.08.15

こんな経験があったら要注意です!

人と同じ本を読んでも、いまいち感想が人と大きく違うという場合には、自分は周りとは違った感性を持っているんだ!と思う前に、ひょっとして読解力が足りないのでは?と自分をまず疑ってみたほうがいいでしょう。

読解力なんてそれほど大切?と思う人もいるかもしれませんが、結論から言いますと非常に大切で重要なのです。なぜ非常に大切で重要かいいますと、本を読んだとしてもその本が伝えようとしている真意を読み取れないという事ですので、いくら本を読んでもインプット出来ていないという事になるからです。

読解力は身に付くものなので諦めてはいけない

では、読解力を身につけるにはどのようにしたらよいのでしょうか?まずは、言葉の意味が分からないと結論を出されてもチンプンカンプンになりやすいですので、分からない言葉や単語が出てきた時には辞書などを使って調べるという事です。

その作業を行う事によって、様々な言葉や単語の知識が蓄積されていきます。専門書をスラスラと読めて理解出来るというのは、この繰り返しがあって初めて出来る事ですので、学歴が無いから自分には教養が無いと諦めている人はこの方法をぜひ試してみてください。

読解力の身に付け方とは?

まずは推理小説などから読んでみて、途中でなんでこうなったの?という箇所があった場合には、読み飛ばさずに分かる箇所から理解するまで読み返してみるというのもよいでしょう。慣れてきたら、推理小説以外の本や昔読んだ事のある本を読み直すのもよいでしょう。

昔読んだのに、違う印象や新たな発見があった場合には、読解力が上がっている証拠です。仕事のマニュアルを読んだり作成したりする際にも、その読解力は必ず役に立つ事でしょう。

もっとレベルUPしたい貴方へ

次に、もっと読解力を上げる為に難解な書籍を読んでみましょう。例えば哲学書などでもよいですが、これは言葉の意味が分かったとしても文章が伝えようとしている意味が分からないという場合もあります。しかし、そこで諦めて先に進んでも、もっと分からなくなります。

だからといってすぐにギブアップをせずに、分かるまで同じページを何度も読んで、分かるまで次へは進まないようにする事です。本を読まない時でも、なるべく分からなかった事を考えていると、ハッ!と分かる場合がありますので、とにかく諦めないようにしましょう。

そうすると、読解力に加えて文に対する咀嚼力も身に付いてきますので、仕事をする際にも今までとは違った評価を受けるかもしれません。これは、1年続けるだけで大きく変化します。そして、貴方の人生をこれまでよりも深いものにしてくれる事でしょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加