> 仕事 > フットワークの軽いビジネスパーソンになるための2つのヒント

フットワークの軽いビジネスパーソンになるための2つのヒント

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.03.31

フットワークの軽いビジネスパーソンは仕事をする上で大きな成功を収める可能性が高くなります。フットワークが軽ければ色々な仕事に対して積極的に取り組むことになるので、仕事を通して人脈や経験値が増え、結果的にビジネスの成功に結びついていくはずです。ここではフットワークの軽いビジネスパーソンになるための2つのヒントを紹介していきます。

「あとでやる」という口癖をやめる

フットワークの重い人に共通している口グセは「あとでやる」です。あとでやるという選択をしてしまう人は「今の困難に直面したくない」「あとでなら上手くできるような気がする」という気持ちを抱えている人がほとんどです。

心理学的に考えると人は「未来の自分の方が今の自分より有能である」と考える傾向があり、そう考えてしまう根底には「自分のプライドを守ろうとする心」が関わっているようです。しかしながら、何もしなければ時間がいくら経とうと自分の能力が上がることはありません。

何事も後回しにしてしまう人は「自分が物事を後回しにしてしまうのはつまらないプライドが邪魔をしているからだ」、「何もしていない未来の自分が有能であるはずはない」という2点を自覚するようにしましょう。上記の2点に気づくだけでも行動を変えるきっかけになるはずです。

朝にやる習慣をつくってしまう

「食事や仕事は毎日しているのに、ダイエットや勉強は続かない」ことで自己嫌悪に陥っていませんか?食事や仕事は生きていくために必要な優先順位の高いことです。それに対してダイエットや勉強は重要ですが、優先順位的には生死に関わることではないので、脳は優先順位の高いものをこなすことに重点を置いてしまいます。

そして仕事で疲れて余力がなくなってしまうと、優先度の低い勉強やダイエットをせずに優先順位の高い睡眠などの休養をとってしまうのです。このような点から、ダイエットや勉強が続かないのはある意味自然な事といえます。

それでもどうしても習慣つけたいのであれば朝に勉強やダイエットを行うことをおすすめします。朝ならば余力のある内に行えますし、「今日何をしようかな」と優先度を比較する前に実行できるでしょう。

「あとでやる」という口癖をやめて、朝一番で勉強や自分のやりたいことを実践すれば、すぐにフットワークの軽いビジネスパーソンになれるでしょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加