> @menzine008
カテゴリイメージ

彼女が家に来ても困らない。女性に響く「3大お掃除ポイント」とは?

「今からあなたの家に行ってみたい」…女性にこんなことを言われたら、とても嬉しくなってしまいますね。頭の中には「あれもこれも」と妄想渦巻き、いても立ってもいられなくなるのが男性諸兄ではないでしょうか。
カテゴリイメージ

一日三回会社でため息が出る人が考えたい「海外で働く」という挑戦

またため息をついてしまった… 会社にいて、妙な疲れを覚えることはないでしょうか?別に身体に異常があるわけでもないのに、なぜが疲れを感じてしまう。そんなあなたは、もしかすると会社や仕事だけでなく、「日本
カテゴリイメージ

仕事効率化!休日にも動かしておくべき脳内の3つのエンジンとは?

休み明けはどうも脳みそにキレがない 休み明け、特に月曜日には、出社をしてきても営業で外回りに出ても、どうも調子が出ないという人が多いと聞きます。ひどい人になると、火曜日どころか水曜日くらいまで調子が出
カテゴリイメージ

日本の常識は海外の非常識!?日本人が戸惑う盲点の海外常識5選②

トイレで紙は流さない 最近でこそ少なくなりつつはありますが、海外に行ったら、トイレで大きい方の用を足した時に、トイレットペーパーはまず流せないものだと思っておいた方が良いでしょう。
カテゴリイメージ

人に強い印象を残す、「常識と非常識の狭間」にある行動とは?

「ビジネスとは常識に従い行うもので、絶対に相手に不快感を持たせるような事をしてはならない」… あなたもこのような「常識」を意識しながら、日々の仕事に勤しんでいることと思います。あなたが営業職であれば、
カテゴリイメージ

4つの暗号が指し示す、日本庭園が私達に安らぎを与える理由とは?

安らぎを求めて 仕事で身も心も疲れ果てた時に、ふと神社仏閣を訪れると、それまでの自分自身が嘘のように気分が何だか一気に安らぎ、エネルギーをもらえたような気分になりませんか?
カテゴリイメージ

「トンがった小僧」という良くない評価をもらわないための処世術とは

社会に出てしばらく経ち、仕事というものや社会の掟というものがだいぶ分かってきた若手社員が陥りがちな罠があります。それはご自身が、周囲から「あいつはちょっとトンがった所がある小僧で…」と言われてしまうと
カテゴリイメージ

昇進後の待遇を見据える、中国人ならではの会社選考条件!

中国人というと皆さんはどのようなイメージをお持ちになるでしょうか?「嘘つき」「うるさい」「お金がすべて」…。残念ながらそのようなイメージが大勢を占めてしまっているのではないかと思います。
カテゴリイメージ

楽しい人生が手に入る!「違いがわかる男」が実践する4つのワザ

あなたの人生は今、楽しいですか?そう聞かれても、自信を持って「楽しいです!」と答えられる人は少ないかと思います。 誰しも若い頃は様々な事に思い悩み、仕事にも異性にもなかなか自信が持てないのがいわば標準
カテゴリイメージ

世渡り上手を笑え!評価される人はどの会社でも「実直な男」である理由

「実直」とは誠実でかげひなたのないこと。またそのさま。律儀。実体(goo辞書)より。出世しやすいのは頭の回転が早く、商談も立て板に水。そんな人物が上から可愛がれ、どんどん上に上がっていき収入も増えてい