> お金を借りる > おすすめバレないカードローン!利用がバレてしまう理由をチェック

おすすめバレないカードローン!利用がバレてしまう理由をチェック

安定した収入があり、総量規制や個人信用情報などに問題がなければ、カードローンで借入が可能です。しかし、カードローンの借入を家族や知人にはバレたくない、と思う人も多いものでしょう。

審査のための在籍確認で職場に電話連絡が来て怪しまれたり、お財布に入っているローンカードを見られたりすることで、カードローンを利用していることがバレてしまうことも少なくありません。

誰にも知られずにカードローンを利用するには、消費者金融のカードローンがおすすめです。消費者金融のカードローンがバレにくい理由や、バレないためのコツについて解説します。

カードローンのキャッシングがバレる原因

カードローンのキャッシングがバレたことがある人はどれくらいいるのでしょうか?株式会社ポップ・インサイト調べによると、バレたことがある人は34.1%。3人に1人はバレているということです。

現在ではインターネットでカードローンを申し込み、キャッシングができるシステムです。誰にもバレずにキャッシングができると思いがちですが、意外とバレてしまうもの。そればなぜでしょうか?

バレてしまう理由には、次のようなことが挙げられます。

  • 自動契約機で申し込みをしているのを見られる
  • 店頭で申し込みをしているのを見られる
  • ATMでローンカードを利用しているのを見られる
  • 自宅にローンカードが届く
  • カードローンの利用明細書を見られる
  • カードローンの督促状が届く
  • お財布に入っているローンカードを見られる
  • 口座引き落としの履歴を見られる
  • お金の使い方が荒くなる

特に、自宅に届くカードローンの契約書や利用明細、督促状などの郵便物によってバレてしまうことが多いようです。

また、夫婦などで奥さんがお金の管理をしている場合、収入に見合わない買い物をしていたりすると、怪しまれるということも。買い物や食事をした際に、お財布に入っている見覚えのないカードがチラリと見えてしまい、バレてしまうということもあります。

消費者金融のカードローンならバレにくい?その理由

何とか家族にもバレないようにカードローンを利用できないものか、と悩んでいるなら、消費者金融のカードローンを検討してみるのも一つの方法です。なぜなら、消費者金融のカードローンはバレにくいとされているから。その理由には、次のような点があります。

Web完結できるものが多い

消費者金融のカードローンは、Web完結できるものが多く、店頭や無人契約機などに行く必要がありません。Web完結とは、申し込み、審査、借入がインターネットでできる方法です。

店頭や無人契約機に行く必要もないので、申し込みや契約をしているのを誰かに見られることもありません。返済も口座引き落とし、スマホアプリでATMから返済もできます。

カードレスで利用できるケースも

カードレスで利用できる消費者金融のカードローンもあります。スマホアプリをダウンロードすれば、借入れも返済もアプリでできます。スマホアプリを利用できない場合、ローンカードを使いATMなどで借入や返済が必要です。

借入や返済をする際にカードを携帯しなければならないので、それを見られてしまうことがあります。スマホアプリならローンカードを持ち歩く必要がないので、誰かに見られる心配もありません。

自宅への郵便物をなしにできる

消費者金融のカードローンは、郵便物をなしにすることも可能です。インターネットで申し込みができるので申込書類も必要ありません。スマホアプリをダウンロードすれば、ローンカードなしで借入も返済も可能です。契約書もWebでダウンロードできるので、自宅に郵送されることもありません。

支払いが遅れても、メールなどでスマホやパソコンに連絡が来ます。連絡が取れない状態にしない限り、原則、督促状がいきなり郵送されることはありません。

在籍確認の方法が相談できる

基本的には勤務先に電話連絡があり、勤務していることが確認できないと審査が通過できません。社名を名乗ることはありませんが、怪しまれる可能性はあるでしょう。

消費者金融のカードローンの中には、電話連絡を避けられることも。通常は電話連絡ですが、相談すれば在籍確認を証明できる書類を提出することで、電話連絡をなしにできるケースがあります。

バレにくい消費者金融カードローン

消費者金融カードローンは、Web完結やカードレス、郵便物なしなどのサービスを提供しているケースが多くあります。バレにくい消費者金融カードローンを紹介しますので、参考にしてみてください。

SMBCモビット プロミス アコム アイフル レイクALSA
電話連絡 WEB完結でなしにできる可能性あり 要相談 あり 原則なし あり(相談可能)
郵便物 なし なし なし なし なし
カード なし なし なし なし なし
WEB完結 あり あり あり あり あり
スマホ融資 あり あり あり あり あり(現在は利用停止)
スマホ返済 あり あり あり あり あり
来店 不要 不要 不要 不要 不要
金利 3.0~18.0% 4.5~17.8% 3.0~18.0% 3.0~18.0% 4.5~18.0%
審査時間 最短30分 最短30分 最短30分 最短25分 最短15秒
融資までの時間 最短1時間 最短1時間(瞬フリなら最短10秒) 最短1時間 最短1時間 最短1時間

条件や内容によっては異なることもあるので、注意事項などをしっかりチェックし、自分に適したカードローンを選びましょう。

カードローンのキャッシングがバレないためのコツ

カードローンの申込や借入を家族などにバレないようにするには、申し込みや借入・返済方法、勤務先への連絡や自宅への郵便物に注意することです。カードローンのキャッシングがバレないためのコツを紹介します。

Web完結で申し込む

申し込みや借入、返済などを誰にも知られずに行うには、Web完結で申し込みから借入、返済ができるカードローンを選ぶことです。徹底するなら、申し込みや借入だけでなく、返済までアプリでできるカードローンを選びましょう。

中にはWeb申し込み可能、というカードローンもあるので注意が必要です。その場合、申し込みはインターネットでできますが、契約は自動契約機などで行う必要があったり、借入、返済はローンカードが必要になったりする場合があります。

カードレスを選ぶ

カードレスで利用できるカードローンを選べば、ローンカードを持ち歩く必要がありません。借入や返済は専用のアプリをスマホにダウンロードすれば、提携しているATMで利用できます。もしくは、銀行口座に振り込みをしてもらうことも可能です。

在籍確認の方法を相談できるカードローンを選ぶ

審査に通過するためには避けられない在籍確認は、電話連絡以外の方法を用意しているカードローンを選びましょう。原則は電話連絡での確認が必要ですが、相談をすることで勤務していることが証明できる書類を提出することで電話連絡を避けられるケースもあります。

それができない場合は、電話連絡の際に自分が電話に出られるようにしておくなど、ほかの人が在籍確認の電話に出ない対策を取っておきましょう。

不明点や不安な点はコールセンターなどであらかじめ確認

ネットなどの情報では納得できない点や、不安な点は、コールセンターなどで問い合わせをして確認をしましょう。消費者金融のカードローンだからといって、すべてがバレにくいわけではありません。

在籍確認は電話連絡が必須なケースも少なくありません。Web完結ではないカードローンもあります。理解不足のまま申し込みをしてバレてしまう、といったことを避けるためにも、不明点は確認をしましょう。

口座引き落としには注意

銀行口座からの自動引き落としならATMなどで返済をしなくてすむと思っても、記帳などから履歴を見られてしまう可能性があります。

銀行口座を利用する場合は、記帳などを家族に頼んだり、家族に見つかりやすい場所に通帳を置いたりしないようにしましょう。口座の利用明細書などもうっかり机の上などに置かないことです。心配であれば、通帳のないネット銀行の利用がおすすめです。

返済の延滞や滞納をしない

返済の延滞や滞納はしないようにしましょう。滞納が続けば自宅に督促状が送られてくる可能性もないとは言えません。返済が遅れれば、遅延損害金なども発生し、返済金額が増えてしまいます。支払いが苦しくなれば、家族に相談しなければならない状況になってしまうでしょう。

カードローンは返済しやすい手段や金額のものを選ぶことが大切。カードローンの中には、返済期日を選べるものもあるので、検討してみるとよいでしょう。

必要な分だけ借入をする

借入は上限いっぱいまでではなく、必要な分だけにしておきましょう。借入は少ない方が返済も楽です。中には、30日以内の返済なら利息がかからないサービスを提供しているカードローンもあります。

借入額が増えるほど、利息も増え、返済金額が増えます。返済期間も長くなるでしょう。返済期間中に給料が減ったり、病気やケガなどの治療費がかかったり、予定外の出費がかさなると支払いが困難になることも。

また、借入があると住宅ローンなどを組むということになった場合、審査に影響することがあります。そのせいで家族にバレてしまうことも考えられます。早めの返済で住宅ローンに影響させないようにしましょう。

審査時間が短いものを選ぶ

審査時間が短い方がバレる確率を下げられます。審査に時間がかかり後日の連絡となれば、周囲に家族がいるときや職場などに電話がかかってきてバレたりすることもあります。

メール通知だったとしても、誰かに見られてしまう可能性もあるでしょう。審査時間が短くすぐに結果がわかれば、そのような心配もありません。

銀行カードローンがバレやすい理由

銀行カードローンは消費者金融のカードローンに比べてバレやすいと考えられます。銀行カードローンには、消費者金融のカードローンのような、バレにくいシステムになっていないためです。

銀行カードローンは電話連絡や郵便物なし、カードレス、即日融資といったことに対応できないケースが多いものです。即日融資もできないため、審査時間も長めになるでしょう。

その背景には銀行カードローンは過去に過剰な貸し付けをしていたことで問題となったことがあります。そのため、安易な借入を促すようなサービスをしないといった自主規制をしているのです。

中にはカードレスで利用できるなどのカードローンもありますが、電話連絡も郵便物もローンカードの発行もなしなど、すべてがないというカードローンは見当たりません。

専業主婦は旦那さんにバレずに借入できる?

専業主婦でも生活費が足りない、趣味に使いたい、子どもの塾の費用が足りないなどといった理由で、カードローンに頼りたいと考えることもあるでしょう。

一生懸命働いている旦那さんに、「給料が少ないからカードローンで借入をしたい」とは言いにくいものです。しかし、専業主婦が旦那さんに内緒でカードローンを作成し利用したいと思っても、それは難しいでしょう。

専業主婦には収入がないため、借入をする際には旦那さんの収入による審査になります。旦那さんの同意書が必要で、旦那さんの勤務先の情報も提出しなければならず、旦那さんの勤務先に電話連絡がいかないとは限りません。

そもそも消費者金融では専業主婦は申し込みができません。安定した収入があることが条件になっているため、収入のない専業主婦は申し込みができないのです。カードローンを利用する場合は、パートやアルバイトをすることで、申し込みが可能になります。

旦那さんに内緒で借りることができたとしても、返済は旦那さんの給料からしていかなければなりません。黙っているのは精神的にも苦痛で、いつバレるともわかりません。借入が必要な場合は、自分で収入を得るか、旦那さんに相談した方がよいでしょう。

消費者金融カードローンならバレずに借入可能だが返済はしっかり行う

カードローンでの借入がバレてしまう原因の多くは、カードローン会社からの郵便物やローンカードによって発覚したり、無人契約機や店頭で申し込んでいるのを見られたりすることです。

消費者金融のカードローンなら、Webで申し込みから契約、借入や返済までできるものもあり、スマホアプリをダウンロードすれば、カードも必要ありません。契約書などもダウンロードできるので、郵便物をなしにすることも可能です。

ただし、返済が滞れば督促状などが届かないとは限りません。返済が遅れれば遅延損害金なども発生します。返済金額が増えて返済に困ってしまうと、家族に隠しておけない状況になることもあるでしょう。

「バレずに申し込んだのに隠し通せなくなった」ということにならないためにも、返済は期日通りに、また借入は必要最小限にしておくことが大切です。

タグ