> 雑学 > より良いサービスを受けるコツは、その本質を知ることが肝心な理由

より良いサービスを受けるコツは、その本質を知ることが肝心な理由

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.06.02

サービスの種類

サービスと一言にいってもいろいろなものがあります。商品を購入したら、何かが無料でついてくるといったオマケ的なもの、プロ野球選手がホームランを打った時に観客に見せるパフォーマンス的なもの、お店の店員がお客様にする接客など。

このうち一般的なサービスと呼ばれるものは、店員がお客様にするような接客という意味合いが強いです。そこでサービスとは何かについて考えてみることにします。

サービス業の定義

お客様にサービスをして接客する仕事をサービス業と呼びます。主な業種として飲食業、ホテル業、意外かもしれませんが、塾業界もサービス業です。

サービス業の定義とは、サービスという見えない形のものをお客様に提供し、その対価として料金をいただくこと。になります。つまり、最も大事なことは、サービスをする側にかかっているということです。

サービスってなんだろう?

サービスの質はほとんどといっていいほど、サービスをする人の器量にかかっております。実際、サービスというのは、名前こそありますが、目に見えない形にないものですので、基本的には値段をつけることはできません。

ですので、手を抜くことも、しっかりとやっていくこともできます。そこには、同じだけの料金が発生するのです。同じ料金ならより良いサービスを受けたいと感じるのは自然のことです。

ここでは、より良いサービスを受けるにはどうしたらよいのかを考えていきます。より良いサービスを受けるには、サービスを受ける人が上記のような知識を持つことが必要です。そうではないと、あきらかに良いサービスを受けていない限り、判断がつかなくなるからです。

サービスの本質

サービスの本質を知るうえで知っておいていただきたいのが、奉仕する心といかに満足していただくかという点になります。サービスの本質は、いかにお客様を満足させることができるかということです。

例えば、飲食店において、ウェイトレスが水を持って来て、テーブルに置くときに、何も言わずにおいていった場合。これは本来サービスとは呼べません。

本当のサービスとは、この場合水を置くときに気持ちを込めておけることがサービスなのです。同じ水を置くだけでもこんなにも違うのです。

サービスの本質を知ったなら活かしていきましょう

サービスの本質についてわかったと思います。サービスは受けることよりもすることの方が大事であると考えられます。是非、仕事にプライベートに活かしていってください。きっと素敵なことが起こるでしょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加