> 雑学 > ウソ?!ホント!?「運」を呼び込むために必要な条件7つ

ウソ?!ホント!?「運」を呼び込むために必要な条件7つ

このエントリーをはてなブックマークに追加
2012.10.20

W580Q100_shutterstock_172757969
「運気が上がる」というのは古くから人類の興味の対象となっていたようです。現代の人でも占いや風水は女性に大人気ですよね。現代には運命を向上させるためのさまざまな方法がありますが、今回は運を自分に引き寄せるための法則を考えてみました。

本気で願う

強く願わないと願いは叶いません。逆に言えば、本当に強く願うなら叶うのです。運は誰にでも降ってくるわけではなく、強く願う人の下へ降ってくるのです。

人に対して「たぶんできるかも」ではなく「期待しててよ!」ということです。あなたは本気でそのことに挑み始めるためには、強く願う決意というものが必要です。

運を呼び込む準備をする

運は準備を整えている者のところに現れます。それはまるで特別なおまじないをした人に与えられる特権のようです。しかしこれは本当です。運は運の好みを知っている人のところにやってきます。

自分のやるべきことをしっかりやる

人生において、運に頼ってしまうのは実は間違っています。運は運に依存していない人にやってきます。自分のやらなければいけないこと、普段の生活の中で運ではなく自分の役割があるはずです。

それを堅実にこなすこと、果たすべき約束を果たしていること、それを承知した上で運はやってくるのです。

運を見つける

運はやってきても、誰にも見つからないことだってあります。運を目にすることができるのは、運を見つけるだけのアンテナを張っている人だけなのです。

運を発見できるアンテナを張るためには多くの行動も必要です。ひとつの場所に留まっていては、運を見つけることはできません。

人間関係

そういう意味では人間関係も運を見つけるための必要条件といえます。人間関係は時に決定的な幸運を運んできます。もちろん人間関係と言うのは不運を運んでくることもあります。

しかしここにおいても先ほどと同じ法則が働きます。「運に頼り過ぎない」のと同じように、「人間関係」に頼り過ぎないことです。自分の足で立ち、歩き、その上で人々と交流をしていきましょう。

知識を身に付ける

運の鍵を握るもう一つの法則は、知識を身に付けるということです。「何も知らない」という状態は「目が見えない」状態と似ています。

つまり知識を増やし、生きることを学んでください。そうすれば、運の姿が徐々に浮かび上がってくるはずです。運は自分で作ることはできないかもしれませんが、呼び込むための条件を自分で整えることは可能なのです。

人生の“流れ”を理解する

もうひとつ、最後には理解を推し進めることです。「自分は知っている」ということと実感しているということは違うことです。

経験を積み、実感を深め、人生の味を多く味わって下さい。そうすることで、人生の流れ方が少しずつ把握できるようになります。そこに運は流れてくるのです。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加