> 雑学 > 愛車をより高く快適に売るには?現代のネットワークを駆使して売る!

愛車をより高く快適に売るには?現代のネットワークを駆使して売る!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.03.05

2014y03m04d_183119497

中古車市場が拡大して現在のかたちになってから、今や愛車を売る方法はひとつやふたつではなく多くの方法が存在します。愛車を売りに出すには、こうした現代の様々な方法やネットワークをうまく駆使して、いかに高く売るかがポイントになるでしょう。

現代では中古車も立派な自動車の選択肢に!?

自動車は今や生活に欠かせない乗り物として、一家に一台から一人一台の時代になったといっても過言ではないでしょう。そうした自動車全盛の時代に、当然多くの自動車が発売され続けていますし、多くの人間が自動車に乗ります。新しい自動車に乗り換える場合や、不要になった自動車を売りに出すことで中古車市場が拡大し、現在では中古車も立派な自動車の選択肢として多くの人が当たり前に利用する時代です。

免許を取ってまず初めに手にする車は中古車でしょう。新車を購入するには膨大な費用がかかり、しかも長く無事故で乗っていける保障がないからです。自動車をより快適に乗っていくには、時に中古車という選択肢はとても経済的で魅力的ですし、自動車を手放す場合にもこうした中古車市場をうまく利用して高く愛車を売っていかなければ損なのです。

愛車を高く売る方法を考えてみる

そもそも、現代にはどのような自動車の売却方法があるでしょうか?中古車市場がここまで広く普及したのには、情報化社会やインターネットの普及なども大きな意味をもっているでしょう。

そして、愛車を高く売っていくためにはこうしたインターネットを駆使して下調べや比較をしていくことが欠かせません。便利に使えるものや知識を得られるものは事前に使っておかなければ損です。インターネット上では、車を売る上で欠かせない査定を、WEB査定というかたちで簡易的におこなうことができます。

そして、これを複数の業者に一斉に出してもらう方法として一括査定が存在し、多くの中古車買取業者の中から自分の理想の業者の目星を付けることができます。そして中古車買取業者に査定をしてもらう他にも、ディーラーに下取りに出す方法やカーオークションで売る、インターネットや個人オークションを利用して個人売買するなど、様々な方法があるのもインターネットが普及して情報化社会となったお陰なのです。

査定に出すか下取りに出すか!?

ではまず、査定と下取りの違いについて考えていきましょう。一般的に、査定といえば一般の中古車買取店へ売りに出す場合に使われる言葉です。査定の本来の意味あいとしては、そのものの価値や様子を見極めて評価することを意味します。これが中古車の査定の場合は、自動車の価値を判断して売値を決めるという作業なのです。

そして、下取りは基本的にはディーラーで買取ってもらう場合に多く使われる言葉です。そもそもディーラーとは特定のカーメーカーと契約を結んでいる業者のことで、中古車であれば中古車ディーラー、輸入車であれば、外車の正規輸入ディーラー、新車であれば新車ディーラーとなります。

中古車ディーラーといえどもその契約を結んでいるカーメーカーの車だけを売っているわけにはいきませんから、一般の車と特定メーカーの車とを区別するために、ディーラー車などという言葉を使ったりします。下取りとは、そこで新たな車を購入することを前提として、古い車を買取って新しい車を購入しやすくすることを指します

カーオークションを利用する

近年中古車市場でもっとも活気のある市場としてオークションがあります。自動車のオートオークションでは、毎分何千台もの中古車が取引されているのです。そしてこうしたカーオークションの会場は全国各地に存在し、厳選された業者しか出品や利用をすることができなくなっています。

当然、一般人の参加はできませんから、中古車販売店などでオークションに出してもらうというのが基本になりますが、中古車の相場はいまやこのオークションを基準にして決められているということもあり、必ず相場で自分の愛車を取引することができますからリスクが少ないと言えます。

また、カーオークションを直接主催している業者や、カーオークションと密接に連携している業者も多数存在します。カーオークションと連携することの業者側のメリットとしては、自動車を効率的に流通させることができ、損失や在庫を抱えるリスクが少ないということがあります。

中古車販売店にとって、在庫を抱えることは大きなリスクです。売れなければ売れないほどどんどん年式も古くなっていってしまい、壊れるリスクが高まるからです。オークションと提携することでこうしたリスクを減らすことができ、買取価格も高く設定してくれる業者も多く存在します。

個人売買は得!?

最後になりますが、近年のインターネットの普及に伴って、非常に便利に利用することができるようになったのが、個人売買です。個人オークションやSNSなどで買いたい側と売りたい側が効率的に接触できるようになったのです。そして、個人売買はとても大きな魅力やメリットを持っており、その反面リスクも大きいのです。

個人売買のメリットは、車を高く売ることができ、安く購入することができる事でしょう。どこに査定や下取りに出すよりも、はるかに高く売ることができるのです。そして、市場価格よりも下げて販売することで、市場の同等車種よりもはるかに安く購入することができるので、買い手も売り手も得をするのが個人売買です。

しかしその反面リスクも大きく、万が一トラブルになった時に誰が保障するのかという問題や、不具合が生じた時の費用などはどちらが負担するのかなどの問題がありますし、交渉上での意思疎通がうまくいっておらず、後から話が違うとトラブルになる可能性もあるのです。これが友人同士であれば、関係に亀裂が入るでしょう。

お互いがメリットや魅力も多い反面、リスクとなる部分もかなり大きくなるのが個人売買や個人売買のデメリットです。初めて車を購入する人は、ネットでは購入しない方がいいでしょうし、初めて売る人もまた、個人売買はおこなわない方が無難だと思います。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加