> 雑学 > 冷蔵庫!洗濯機!中古家電選びで注意しなければいけないポイント!

冷蔵庫!洗濯機!中古家電選びで注意しなければいけないポイント!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.03.14

2014y03m13d_155727407

一人暮らしや引越しに欠かせないのが、部屋探しと同じく冷蔵庫や洗濯機などの家具家電選びです。そして、これらを全て新品で揃えようとするとかなり高額になってしまいますから中古で揃えるのがベストですが、ヘタに中古で何でも良いと購入すると、後で後悔することになります。

一人暮らしにはお金がかかる!?

一人暮らしや賃貸生活は誰しもが経験することですが、それには多くのお金がかかります。まずかかってくるのは、やはり賃貸の初期費用や引越しの費用です。これらが非常に高額になるからこそ、引越しはそうそう頻繁にできるものでもなくなってきます。

そして次に、引越しをしてからかかってくる光熱費に食費に家賃などがあります。実家を離れて一人立ちをしてからというもの、多くの費用がかかってきます。そして、引越しの際に必要とあらば家具や家電などの生活用品を購入しなければいけないのですが、これがまた案外とても高額になってきます。

洗濯機や冷蔵庫にテレビなどの主要家電を全て新品で揃えようとすれば、10万円では全ての家具家電が収まらなくなってしまいます。とても高額になってきてしまうものですから、やはりなるべく経済的に生活をするには、これらにかかってくる費用も考えていかなければいけません。賃貸の初期費用や引越しにかかる費用も安く抑えていって、可能であれば家賃や生活にかかる費用も安く抑えていきたいですが、やはりまずは家具家電を安く抑えていきたいところです。

家具家電は中古でOK!?

生活に主要な家具家電にはどのようなモノがあるでしょうか?まず、家具でいえばテーブルやベッドになるでしょう。テーブルがなければ食べ物を床において食べなければいけなくなりますし、ベッドや寝具がなければ寝られません。

家電でいえば、冷蔵庫や洗濯機などが必需品になってきます。ガスコンロは備え付けのところもありますし、テレビはその気になればなくても生活に困らないものでもあります。テーブルやベッドなどの寝具は仕方ないとして、冷蔵庫や洗濯機は中古で十分使っていけます。

最近の国内ものの家電は性能がいいですから、中古でも長く使っていくことができますし、中古であれば10,000円以下でこれらを購入できます。つまり2万円もあれば冷蔵庫と洗濯機が購入できるということですが、新品で購入しようとすると冷蔵庫が15,000円くらいの洗濯機が20,000円くらいのものを最安値として、35,000円程度は必要になってきます。つまりこの時点で10,000~20,000円ほどコストに差が出てくることになります。

冷蔵庫や洗濯機を中古で購入する時の注意点!

以上のことから、冷蔵庫や洗濯機など、生活に必要なもので、まずはとりあえず揃えていくには、中古がベストです。リサイクルショップやネットなどでも近年では中古家電を幅広く検索することができます。

とはいえ、ここで注意をしなければいけないポイントがあります。洗濯機も冷蔵庫も生活に欠かせないもので、それぞれ必要な役割を担っています。つまり、人々の生活に最も密着しているものになります。それゆえに中古の洗濯機や冷蔵庫には、前の利用者の生活臭や汚れが染み付いている場合がかなり多いです。

気になる方は、一度リサイクルショップへ足を運んでみてください。他人の生活臭というのは、案外耐えられないものです。そして、それを毎日使用していくということを考えてください。冷蔵庫は食品を新鮮に管理するものです。洗濯機は洗濯物をきれいに洗うものです。これらが悪臭を放っていれば、かなり厳しいはずです。それゆえ、直接下見ができるリサイクルショップはさておき、ネット通販で中古品を買う時には注意が必要です。

実際の話、動作確認に関してはネットで買ってもリサイクルショップで買ってもさほど違いはありません。なぜなら、リサイクルショップでも並べてある中古家電に全て電気を通しているわけではないからです。一番大きな問題は生活臭です。

クリーニング済みのモノを選ぶ

こうした生活家電を選ぶ上で、一番大切なことは直接足を運んで現物を確認することでしょう。しかし、なかなかそうもいかないのが現実であったりします。ネットでどうしても気になる商品があるとか、近所のリサイクルショップにはろくなものが置いていないとか、様々な問題があるでしょう。ネットで購入するのもとても便利な選択肢ですが、もしネットで中古家電を購入する場合には、最低限クリーニング済みのモノを購入しましょう。

実際には、クリーニングを済ませてあっても、それなりに生活臭は残っていることが多いです。しかし、まったく何もしないよりははるかにマシで、そのままの状態がいかに不衛生かということがわかります。

そのままでも問題なく利用できるという人であればいいのですが、やはり多くの人はこうした生活臭が嫌です。クリーニング済みのものを選び、購入してから洗濯機はなるべく何回か洗剤を入れて空回ししたり、槽洗浄をおこなうのがベストです。冷蔵庫も、届いてからなるべく水拭きできる範囲で洗剤などを使って水拭きし、消臭スプレーを散布して、冷蔵庫内の消臭剤を設置するなどして利用すれば、だいぶマシになるはずです。

送料も大きな問題に!

最後になりましたが、ネットで購入する時に忘れてはいけないのが、送料です。本体価格がいくら格安でも、いくら欲しかったものがあっても、洗濯機や冷蔵庫は大型家電ですから、送料がかなり割高になります。近場のリサイクルショップやオークションで中古品を探すとか、送料込みの家電を購入する、もしくは全国一律で安い送料で発送してくれるお店などを選んでいくと良いです。

大抵、送料がかかるかどうかは記載していますが、発送場所によっても送料が変わってくるため、いくらというところまでは記載していないことが多く、購入してから送料がわかるということも少なくはありません。本体価格だけで判断してしまって、送料を忘れてしまうと大きな損をしてしまうことになるかもしれませんので注意が必要です。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加