> 雑学 > 人付き合いが苦手でも社会で上手くやっていく方法とは?

人付き合いが苦手でも社会で上手くやっていく方法とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.03.04

人付き合いが苦手なのは悪いこと?

人付き合いが上手い人もいれば、そうじゃない人もいます。別に、人付き合いが苦手だからといって罪になる訳ではありませんので、特に気にすることはないのですが、社会に適応していないようで気になるという人もいるでしょう。かといって、人付き合いが上手くなりたいという気はないとか・・・

そのような場合には、無理に自分を押し殺して人付き合いをもっとしたとしても、あまりよい結果が出ることは少ないでしょう。確かに、沢山の人達と付き合ったほうが得られるものが多い場合もありますが、肝心の自分にあまりにも合っていない場合には、身も心も疲れ果ててしまうという結果にもなりかねません。

自分ができる人付き合いの範囲を知ろう!


社交的な人もいますが、全ての人が社交的でなければならないという訳でもありませんので、どうも自分には向いていないという場合にはどこまでなら我慢ができる範囲なのか?ということを考えたほうがよいでしょう。ここまでなら大丈夫という範囲を、自分の中でわかるようにするのです。

ここまでなら大丈夫という範囲がわかったとしても、本当はもっと人付き合いをよくしたほうがいいのかも?と思うかもしれませんが、無理を重ねた人付き合いというものは一瞬で壊れたりもする場合も多々ありますので、長い目でみるとマイペースでやってる人のほうが問題にならないことも多いのです。

自分でも、人付き合いが悪いかもと思っている人は、前もってそのことを相手に伝えておいたほうがよいでしょう。それで去ってしまう人もいるでしょうが、無理をして付き合ったとしても長くは続かないでしょうし、前もって伝えても続く人とは続くものです。

しかし、単に人付き合いが面倒だという人ですと、誰とも長くは続かない場合が多いものです。例えば、相手が病気で困っているにも関わらず、行くのが面倒だという理由だけで行かなかったり、そのくせ自分が逆の立場だと平気で連絡をしてくるといったタイプの人でしょうか。

自分勝手で面倒くさがりなのを、人付き合いが苦手だと思っている人もいるかもしれませんが、それは単にワガママというものでしょう。そういう人ではなく、大事なことはやるけれど、それ以外のことは控えめにしたい人が、人付き合いが苦手な人かと思います。

人付き合いが悪くても悪く思われない方法とは?

そのような人は、それを理解してくれる人達とだけ付き合ったほうが幸せといえます。周りからの印象などを気にすることもあるかもしれませんが、実は対応策もあるのです。付き合いが悪い分、外での印象を良くするのです。

所謂、外面がいいというやつですが、いつも外ではニッコリ笑って愛想を良くするだけでも、他人からの印象は変わってきます。付き合いは悪いけれど、トゲトゲしい雰囲気もないし、柔和で優しそうな印象を得るようにするのです。

これだけでも、付き合いが悪くて嫌なやつとは思われにくくなるでしょう。ニッコリ笑顔で相手の言葉受けながら、さも申し訳なさそうに断るというようにすれば、付き合いは悪いけれどいい人だと思われて、社会でも自分流の人付き合いがスムーズにいきやすいでしょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加