> 雑学 > 周囲の期待に応えるために頑張ろうとする人がやりたいことを見失う原因

周囲の期待に応えるために頑張ろうとする人がやりたいことを見失う原因

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.07.04

「周りの期待に応えたい」そんなセリフがあるドラマがありそうですが、これは実際にあることだと思います。

「こんなことをして欲しい」と言われたら、それがやりたいことでもやりたくないことでもやってあげたくなると思います。好きな人が欲しがっているものをプレゼントすることも喜ばしいことではないでしょうか。

ですが、それもバランスを考えないとやりたいことをしている人はその気持ちを忘れ、やりたくないことをしている人はやりたいことが分からなくなる原因にもなりかねません。

周りの期待は人それぞれ

周りの期待といっても人それぞれで、それが必ずしも自分らしい姿でいられるとは限りません。

たとえば、セミナー講師をしていたとしても、お客さんに「もっと面白く話して欲しい」と言われて面白い話を意識していたら、今度は違う人に「もっと真剣に話して欲しい」と言われ、「もっと凄い話をして欲しい」など、色々な意見が出てきたら、もちろんその中には自分がやりたい話し方を指摘してくれる人もいるかもしれませんが、全員がバラバラなら全部取り入れられないでしょうし、自分らしさが分からなくなるでしょう。

これによってせっかく自分らしいことを見つけた人の中にも、やりたくなくなったり義務として無理やりやらされている感じがする人もいるようです。そうしたそれぞれ違う期待すべてに応えようとすると自分らしさが分からなくなる可能性があります。

安定した仕事に就くために教育されてきた人は、やりたいことでお金を稼ぐことでさえ希少なことかもしれないのに、せっかく見つけたそれを見失うのはもったいないのではないでしょうか。

それが仕事であれスポーツであれ、期待が重くてパフォーマンスダウンしてしまう人もいます。それなのに期待していた人はそこまで強く思っていなかったらバランスが悪いと思います。そうした期待に応えようとすること自体、自分と周りを苦しめる原因になるかもしれません。

期待は失望を生む?

期待というのは、それを当てにして心待ちにすることなどの意味があるようです。ですが、これではどちらかが責任を持ってどちらかが無責任になることもあるでしょう。

そして、期待の本質としては失望とセットになっているということです。期待は裏切られることが多く、それが強ければ強いほど失望を生む可能性があるでしょう。理由の1つは期待には限りがないからです。

人間関係を見ていても、相手に自分の理想像を期待すればするほどそれには限りがなく、ちょっとでも理想と反することをするとその人のことを嫌いになったり、最初は良い関係でも期待が強くなると失望も強くなります。それは浅く広く付き合うということではなく、どんな相手でも信頼するということです。

期待は一側面しか受け入れていません。ですが、どんな物事も色々な側面から見ることが出来ます。信頼するということは色々な側面から見た自分や他人を受け入れるということで、たとえそれが自分にとって嫌なことでも、それを受け入れようとする心が実際にそれを現実にします。

期待というのは都合が良いもので、それでいて依存的なので自分の自立する気持ちも弱まることになります。

恋愛でも相手に期待ばかりして、相手ばかりに意識が向いているため自分は何もしていない、そして期待通りに相手が動かないと自分が不満を言う、ですが自分が相手を信頼して一緒に良い形を作ろうとすれば、相手ばかりに不満がいくのではなく自分をもっとこうしようという気持ちも出てくるでしょう。期待もバランスを欠くと失望を生みだすようです。

期待よりも信頼をする

他人だけじゃなく自分にも期待して、失望を感じたことがある人もいるのではないでしょうか。たとえば、これだけテスト勉強すれば大丈夫だ、と思っても実際には全然点数が取れなくて自分を責めたり、就職や仕事、恋愛など色々な場面で自分を期待することは出来ます。

もちろんやれることはやって後は流れに任せようという人は、それだけ運も味方になってくれるみたいですが、期待通りの結果にならず失望してしまうと、自分に対して信頼が出来なくなると思います。そう考えると、期待は短期的で信頼は長期的です。

期待は一度の結果が良くなければ失望に変わりますが、信頼は一度失敗しても自分の可能性を信じているので、その失敗が後に繋がることへの信頼が生まれ、自信を失うことは無いでしょう。

人生にどれだけ信頼出来るか、自分のパートナーや友人をどれだけ信頼出来るか、それが期待による失望を経験しないで済むでしょう。期待はそれだけ依存的で、失望すれば後は自分は何もしなくても周りのせいに出来るという心の動きでもあります。

ですが、そこまで世知辛くならなくても、長い目で人生を見ると、失敗に見えることでもそのおかげで良い未来を迎えることも出来ます。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加