> 雑学 > 会社が好きになる事で、能力が無くても社会人として生き抜く処世術

会社が好きになる事で、能力が無くても社会人として生き抜く処世術

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.02.21

自分はなんて無能なんだろう・・・学生の時は思った事はありませんでしたが、社会に出たら仕事を変わる度に思いますし、変わらなくても、ミスをする度に思います。とても惨めで涙が出て来そうになりますが、ぐっとこらえて出来る事がなにかを考えています。

今日は会社が好きになる事で、能力が無くても社会人として生き抜く処世術についてお話ししようと尾見おます。どうぞ最後までおつきあいいただきまして、社会人として生き残り、安定した生活をおくっていただけたらと思います。それでははじめようと思います。

すぐに結論を出さない事です

わたしは、いろんな職種を経験してきましたが、いつも最初の3ヶ月くらいは、かなり落ち込む毎日です。これは当たり前ですが、知らない事ばかりで、仕事が出来ないのが当たり前なので、必死にくらいついていっている状態だからですよね。そして、いつも怒られるたびに、自分はなんてだめなんだろうと思います。

しかし、ここで、落ち込んでいても何の解決にもならないので、いつもミスを全部リストしていき、次は同じ間違いを絶対にしないように、ゆっくりでも丁寧に、時間がかかっても確実にこなしていけるよう、リストを見ながら、仕事をするわけです。

そうすると、その日のうちに出来るようになるのが9割をしめますね。これはわたしの能力の問題ではなく、誰でも可能だと思います。実際にやってみればわかります。問題を頭の中だけで処理しようとするから、複雑になるのであって、実際に紙に書き出してみたら大した事はない問題がかなり多いです。

たとえば、わたしで言うなら、この前恋人と旅行に行くのに計画を練っていたのですが、いろいろ安いプランやら、良い条件の宿やらを探していたわけですが、これだけ情報があふれていると、はっきりいって完璧を求めていると、際限がなく、探している途中で疲れて果ててやめたくなります。

せっかく楽しい旅のプランを練っているのに、これでは本末転倒です。わたしは、情報化社会と呼ばれる現代で、検索すれば、何十万件と該当する選択肢の中で、簡単な検索方法を見つけたのです。それは、プロに任せる事です。はっきり言って、わたしは旅行は趣味程度でしかやらず、専門ではありませんので。

旅行代理店の方がはるかにすばらしいプランが組めるわけです。彼等はプロですから、わたしとは比較にならないほどの知識があります。なので、少しお金がかかっても、業者に任せて、そのプランを決めてもらった手数料を対価として支払うという感じで良いと思います。

みなさんはどうなのかわかりませんが、わたしのようなタイプは、こっちの方がずっと楽ですね。自分の奪われる時間なども考慮すると費用対効果は抜群と言えるでしょう。

しかも、かなりクオリティの高いプランを作ってくれます。なので、あなたがすべき事は、良い代理店を探す事。または、代わりにやってくれる人を捜す事だとわたしは思いますね。そうする事で、生きる負担はかなり減ります。

たとえば、わたしはやった事はありませんが、知り合いで、掃除などはすべて家政婦に任せているという人がいます。外国人を雇っているため、コストもかなり安く、日本人ほどのクオリティはなくとも、かなりキレイにしてくれるそうです。

掃除って結構時間かかるじゃないですか?なので、こうゆうプロに任せた方が速いですし、その分働いた方がお金になりますからね。

旅のプランの例を出したのは、結局、頭の中でやるよりも、紙に書き出したり、プロに依頼して、どうにかして簡単に処理出来る方法を探せば、結構スムーズに行くものなので、最後まで諦めないようにしましょうね。

会社も結局は人の集合体

媚を売る。上司にごまをする。接待には積極的に参加する。残業を快くする。最後まで責任もって仕事をする・・・などなど。上等じゃないですか。なにがダメなんです。これも社会で生き残るための処世術です。まったく悪い事ではありませんから、それが必要だと思えばどんどんやりましょう。

結局は会社も人の団体であり、同僚も上司も社長もすべて人なのです。なので、彼等と良好な関係が築く事が出来れば、いざって時に困っていたら助けてくれたりするものなのです。

わたしも仕事を下にふる事はありますが、どれだけ使えなくても社内をぱっと明るくしてくれるような部下だと、それだけでやはりいてほしいなと思う事はあります。

なので、八方美人でも、腹黒くても良いじゃないですか。いつもニコニコ明るく接する。そうする事で、上司が気に入ってくれて、生き残れて、家族を守れれば、それであなたの目的は達成しているじゃないですか?

かっこよく生きるなんて事は早急に手放し、どうすれば、自分が幸せになれるかを考えて生きるとどれだけ辛くても生きれますよ。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加