> 雑学 > 一日一回5分でよかった。今日からできる3つのストレス解消法!

一日一回5分でよかった。今日からできる3つのストレス解消法!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.02.11

2014_2_119

社内で、いつも精力的でいる人いうのは、やはり憧れをもって見てもらえます。どうしてか。このストレス社会で、そのストレスに負けない精神力があるように思えるからです。悩まない人はいませんし、辛い過去を持っている人も多いです。

むしろ、何もない方があり得ないような現状で、その中でもストレスに負けずに、前を向いている人というのは、一目おかれます。負けないで、次に進むためにも、ストレスはその日の内に、溜めこむことなく発散してしまうのがいいのではないでしょうか。

大声を出す

これは、古典的でありながら、かなりの効果が望める方法です。カラオケなどに一人で行って、大声で歌うだけでもいいです。声を出すという行為は、かなりのカロリーを使うことになり、脳の中にドーパミンが出ることもあります。
歌うことが好きな人にはもってこいの方法です。もちろん、近所のことを考え、家ではできないかもしれませんので、カラオケなどに行くのがいいでしょう。一人で行くのが嫌であれば、友達を誘ってもいいです。みんなで歌えば楽しいのは確かです。
しかしこの大声でのストレス発散法には、弱点があります。上でも示したように家ではできませんし、大勢でいったら、そこでストレス感じる可能性もあります、そうならないように、布団を被って泣きながら、大声を出すといった方法もおすすめしておきます。

運動をする

運動は大声を出すと並んで、古典的です。しかしはやりその効果は莫大で、運動は続ければストレス解消を通り越して、快感にもなります。何か嫌なことがあった場合、それを頭に思い浮かべ、そして最悪の状況を考えながら、走って汗をかいてみてください。
息が切れ、汗が流れ、膝に手をついたときには、その嫌なことは、大部分がどうでもいいことに変化しているはずです。この方法は、健康のためにもいいので、おすすめしたいのですが、やはり大声を出すと同じように言うことはできません。
なので、ここでおすすめするのが、疑似的に運動をしたようにする方法です。どういったことかというと、家の中で深呼吸をしてください。そのあとに、二回屈伸をします。そしてまた深呼吸をしてください。これだけで、呼吸は運動に近くなるので、ストレス解消だけならこれで充分な場合があります。

読書をする

これは、人を選びまずが、しかし家でもどこでもできます。重要なのは、本を一冊、一気に読む勢いで読むということです。喫茶店でも、ベッドの上でも、山手線でも、どこでも何時間でもいるつもりで、本を一気に読みます。

本を読むことで、教養をつけることが目的ではありません。言うならば、絵本でもいいほどです。どうしてか、それが現実逃避だからです。ストレスと戦う場合は、正面から戦っても意味がありません。ストレスから逃げることが重要です。

何の解決にもなってないと思うかもしれませんが、ストレスを感じる場合の多くは理不尽なことが起きたときです。理不尽なものは、どう正そうと思っても理不尽です。逃げることが懸命な判断であることが多いです。そのとき、読書は大きな武器になるはずです。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加