> 雑学 > 常に心を安定化させる方法を紹介!ステート・マネジメントとは?

常に心を安定化させる方法を紹介!ステート・マネジメントとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.09.28

自分が平常心で無い時は、まるで思考が止まっている様な生産性の低い状態になりますよね。そんな一時的な心境から脱出するためのステート・マネジメントというテクニックを紹介します。

ステート・マネジメントとは?

人は感情の生き物ですから、感情に合わせて様々なステート、つまり状態になります。喜んでいる状態や、やりがいを感じている状態、辛い事があって悲しんでいる状態や、腹の立つ事があって怒っている状態など、外部からの刺激に対して、自分のステートを変化させてしまいます。そういうステートをコントロールする事をステート・マネジメントと言います。

勿論、自分にとって心地よいステートはそのままの状態で良いとは思いますが、自分にとって悪いステートはコントロールしなければなりません。悲しい時、イライラしている時、緊張している時、うろたえている時などは、プラスのステートへ持って行く様にしましょう。

ステートは行動に出てしまう

実はステートは行動に出てしまうのです。皆さんもご経験があるのでは無いでしょうか?例えば仕事などにやりがいを感じている時は、能動的でエネルギッシュに仕事をこなし、自分にとって嬉しい事があった時なんかですと、ハツラツとしていつも以上に人に親切になったりします。

逆に、失恋などの辛い事があった時には仕事が手につかなくなったり、緊張して頭が真っ白になっている時なんかですと、人のアドバイスをすんなり行動に移せないほど狼狽えてしまいます。

こんな風にステートは行動に出てしまいますので、自分にとって良いステートだけを出しておきたいですよね。

リソースフル・ステートを再現する

望ましいステートの事をリソースフル・ステートと言います。落ち込んでいる時や、緊張している時に、このリソースフル・ステートを再現出来たら良いと思いませんか?

実はこれを心理学のテクニックを活かしてやってしまう事が出来るのです。その方法は、あなたが欲しいリソースフル・ステートを、それぞれのシーンで引き出すのです。

例えば、緊張して狼狽えている時に、堂々として落ち着いた状態を再現出来たらいいなと思ったとします。そしたら、あなたの過去で堂々として落ち着いていた時の事を思い出して下さい。

「そう言えば、この会社に入った時に皆の前で自己紹介した時は、我ながら堂々として落ち着いていたなぁ」

それを、視覚、聴覚、身体感覚、内面の状態の4つを思い出すのです。

「皆笑顔でこちらを向いてくれていたなぁ。自己紹介した後の拍手に満足感があって、新調したスーツのシャキッとした感覚が心地よくて、自分自身が何だか誇らしかったなぁ」

と、リアルに思い出すのです。そして、その思い出した感覚を自分の中にストックしておいて下さい。それを、緊張してどうしようも無い時に、すっと引き出しから出せる様に事前に訓練しておくのです。

同じ様に、失恋をして辛い思いをしている時はどんなリソースフル・ステートが必要でしょうか?例えば、癒しの状態が欲しいから、自分が過去にとても癒しの気持ちを感じていた時の事を思い出しましょう。

「そういえば、家族と森林浴に行った時はとても癒されたなぁ」

と思ったら、その時の状況を思い出し、五感で体感します。

「緑の木々からの木漏れ日が綺麗で、風で揺れている木々のざわつく音が心地よく、その風が肌に当たってとても涼しかった。心の中でこんなに癒されたのは初めてだなぁと満足感で一杯だったなぁ」

と思い出して、その感情に浸ります。そして辛い時などにそのリソースフル・ステートを引き出して下さい。

この様に、自分自身にとって必要なステートを沢山事前に準備をして下さい。そして、それぞれのシーンで必要なリソースフル・ステートを引き出して下さい。

なかなか過去を再現出来ない場合のコツ

どうしても過去の体験を思い出せない場合は、現在進行形で楽しい事があれば、その時の事を五感で味わって下さい。今実際に味わっているのですから、その時の自分を分析するのです。その状況を覚えておいて、後から必要な時に引き出して下さい。

現在も時間が経てば過去の経験となります。そういう風に工夫をしながら、常に自分に必要なステートのバリエーションを増やす事が出来れば、あなたはとてもメンタルが強い人になれるはずです。是非、今日から早速トライしてみて下さいね。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加