> 雑学 > 大きな問題、大きな失敗に立ち向かうために!小さな失敗を経験しよう

大きな問題、大きな失敗に立ち向かうために!小さな失敗を経験しよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.02.28

人生には良い時もあれば悪い時もあります。出来れば平穏無事に働いていきたいものですが、しかし悪いこと、仕事上の大きな問題や大きな失敗というのはいつやってくるか分かりません。

いざそうした大きな問題や大きな失敗が起こってしまった時、慌てたりせずに泰然と対処したいと思いませんか?

緊急時に情けない対応をしてしまうと、普段の仕事ぶりがどれだけ良くても周囲からの評価というものは下がってしまうものです。

出来ればそんな大きな問題も平穏無事に乗り越えることが出来るように、今から小さな失敗をコツコツと経験しておきましょう。

失敗に対処するためには失敗を積み重ねなければなりません。仕事に支障をきたさず、尚且ついつ大きな問題や大きな失敗がやって来ても良いように準備するための方法を、皆さんにご紹介させていただきます。

人間、経験していないことには対処出来ない

人間にとって最も対処が出来ないことというのはどんなものでしょうか。それはズバリ、全くもってただの一度も経験したことのない出来事と遭遇した時です。

人間には知識や知恵というものがあります。それは過去人類が積み上げてきた膨大な経験の集積です。どうして人はこのように知恵や知識を経験として積み上げてきたのでしょうか。

人間は経験を積むことで動きや頭の働きがより良くなるからです。もっと言うとすれば、あらゆることを経験しておけば、未知の状況に出会わなくてすむからです。

未知のこと、経験したことがない出来事に出会った時、人はどうして良いか分からなくなってしまいます。

分からないということにショックを受け、普段活発に動いている脳の動きがフリーズしてしまうのです。そんな経験、一度は誰もがしたことがあるのではないでしょうか。

例えば学生時代サッカーが苦手だった人は、体育の授業中ボールを渡されて、「どうすれば良いんだ」と困ったことがあるのではないでしょうか。もしくは全く理解も出来ないテストの問題を見て、「どうすれば良いんだ」と頭を抱えてしまったことがあるのではないでしょうか。

人間はどうしても未知の出来事に対して瞬時に反応することが出来ないのです。しかし、もしもそうした経験に慣れている、もしくは類似の経験を持っていれば、そこから固まった思考を解きほぐし、瞬間的に対処することが出来るようになります。

スポーツが苦手でも、他のクラスメイトがどうやっているのか知っていたり、もしくは他の球技の経験があれば、取り敢えずパスされたボールを誰かにパスしなおす、もしくはドリブルをするといった行動を取ることが出来ますよね。

全く見たことのない、分からない問題であっても、そういえば似たような問題を解いたことがあるな、という知識や経験があれば、同じように問題を解くことが出来ないか、と対処を始めることが出来ます。

このように、人間はとにかく色んな経験をしておくことが大事なのです。

失敗に関してもそれは同じであり、例え経験したことのないような大きな失敗でも、類似の経験があったり失敗そのものに対して慣れてしまっていれば、フリーズすることなく対処することが出来るようになります。

小さな失敗を重ねよう

働いている以上、そうそう仕事の内容で失敗を重ねる訳にはいきません。「いつか来るかもしれない大きな問題や失敗のために、今わざと書類にミスを残しているんです」などと言ってしまっては上司から大きな雷を落とされてしまうのは必至ですよね。

ビジネス上で失敗を積み重ねることは難しいですが、しかし職場で小さな失敗を積み重ねることならば可能なのです。

それが、対人関係において小さく失敗する、という考え方です。失敗といっても相手と仲違いするようなもの、誰かを不快にするようなものではありません。

どうしてもミスしてしまうということではなく、職場の人と会話している中で、積極的に自分のダメなところや苦手なところをアピールしてしまうのです。

例えば物忘れがちょっと激しい。うっかりしているというエピソードを自分から漏らしていると、自分のデスクに携帯を置いたまま外出しようとして同僚に呼び止められたりするようになります。

自分の足りていない部分を他人につまびらかにするというのは勇気がいることです。しかしそれでもやっておく価値はあるのです。そうしたほんの小さな取るに足らない失敗でも、積み重ねていけば失敗するということそのものに対する大きな経験値となります。

例え大きな問題や失敗が起きた時でも、失敗そのものに慣れていれば思考が硬直することを防ぐことが出来るのです。出来れば、普段から自分の小さな失敗を笑い飛ばしてしまうことを心がけてください。

問題が起きた時、失敗した時に笑うというのは誰もが出来ることではありません。笑うことで自分も落ち着きますし、周囲の人も頼もしく思ってくれるのです。

取るに足らない小さな失敗をたくさん経験しましょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加