> 雑学 > 理解不能!深夜のコンビニに出現する世にも奇妙な常連客たち

理解不能!深夜のコンビニに出現する世にも奇妙な常連客たち

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.03.12

長時間の立ち読み客や、酒の勢いにまかせてやりたい放題の迷惑客、そのくらいは皆さんの想像の範疇でしょう。しかし、こんな人が世の中にいるんだ!と思ってしまうくらい変な客もいるのです。私が以前働いていたコンビニで見かけた、奇特な客を紹介しましょう。

何度やってくるのかわからないループおじさん

毎日同じコンビニに通っている方はたくさんいると思いますが、ほとんどの方は、せいぜい1日2回まででしょう。出勤前、出勤後に必ず寄る、というのはなんとなくわかります。

長時間のシフトに入ってると、帰宅中の客を夜中に相手をして、、シフト内で、早朝にその客の出勤を見送るなんてことは珍しくありません。

しかし、私が働いていたコンビニには一晩で何度も訪れる、ープおじさんがいました。このループおじさん、常に大して買い物をするわけではありません。いつも1つか2つの商品を購入するだけです。

しかし驚くほど何度も来るのです。多い時には一晩で10回以上現れます。30分前に来ただろ!というこちらの突っ込みは全く通用しません。また、30分後に来ますからね(笑)

全く、何かの罰ゲームかと思うくらいですが、何故一度に済ませずに何度も来店するのか、真相は不明です。これを題材にミステリー小説が書けるくらい謎ですね。おそらくつまらない小説になるでしょうが(笑)

雑学大好き!雑談おじさん

何故かコンビニに店員と会話をするために、せっせと通う奇特な方もいます。店員が可愛い女性というのならば、まだ理解できるのですが、深夜の店員はほぼ男性です。

それなのに、毎日のように通ってくるのです。もちろん同性愛者というわけでもありませんので、真意は、らも全く不明です。

このおっさん、雑学を披露するのが大好きなのですが、下手に捕まると大変なことになってしまいま。

まず、話が全く面白くない(笑)しかも長い!

数時間に亘って店内に居座るので、普通の一般客は変な目でおじさんを見ているのですが、
本人は全く気にしてはいないようです。

雑学好きの私としては、反面教師のような存在でしたね。つまらない雑学は、これほど相手を苦しめるのか、と学ばせていただきました。その後、よほどのことがなければ、私は雑学を披露することがなくなりましたね。

目指すは完全制覇!究極の立ち読み客

雑誌やコミックなどは基本的に深夜に納品されます。その時間帯を狙って、毎日新しく入ってきた雑誌、コミックをほぼ全てを立ち読みしていく異常な頑張り屋さんもいます。世の中で出版されているもの全てに目を、なければすない!

と言わんばかりに、長時間に亘って毎日立ち読みをするのです。この客にいたっては、非にマナーもよく、帰り際には必ずなにかしらの買い物をしていくので、下手に文句もいえません。

しかし、本は買って読むもの、という意識が全くない客の多さには泣けてきますね。立ち読み客は、基本的に雑誌=商品とは思っていませんので、扱いが凄く乱暴なんですよ。元々あったところに戻すことすらしませんからね。

そんな中で、この究極の立ち読み客は、非常に奇麗に立ち読みをしていきます。褒められたことかどうかはわかりませんが…

深夜のコンビニは不思議がいっぱい

変な客が集まる深夜のコンビニですが、私が勤めていた店だけが特別というわけではなさそうです。また、コンビニに限らず、深夜に働いている人は多かれ少なかれ、変な人に遭遇していることでしょう。

こういう客を相手にするのは、通常よりも疲れます。人によっては、イライラしてしまい職を離れるきっかけにもなりかねません。そういった理由で、深夜に働くと時給が高いのでしょうか?

面倒な人が多いのは事実ですが、同時に、こういった人々を見るのは、なかなか面白いとも言えます。

なんらかの理由で深夜に接客をしなければならない方!奇特な客が現れた場合、その度にイライラしていたら持ちません。彼らの行動を楽しむくらいの気持ちで乗り越えていってほしいと思います。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加