> 雑学 > 理屈だけ上手になっても人から受け入れられにくいい理由とは?

理屈だけ上手になっても人から受け入れられにくいい理由とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.03.15

理屈ばかりだと孤独になりやすい?

理詰めで相手を負かすという事が格好いいと感じる年頃はあるでしょうが、そのままの状態だといずれ人が寄りつかなるという結果にもなりかねません。

理屈では自分が間違っていないのに、何故このような結果になってしまったんだろう?という大人は意外と多いものです。

理屈で相手を言い負かすという事は、確かに相手も負けた事を認めたという結果が多いでしょうが、人には感情というものもありますので100%納得をするという事も滅多にありません。

相手の逃げ道を理詰めで無くしてしまうという事は、恨みを買うという結果にもなりかねないのです。

なぜ落とし所が重要なのか?

落とし所という言葉もあるように、あえて相手の逃げ道を残しておくといったほうが、禍根を残しにくいともいえるでしょう。それに、世の中は理屈で回っているようで案外そうではない部分も結構あります。

よく、「理屈じゃないんだよ」というセリフがドラマや映画や小説などでも出てきますが、情に関する部分には特に理屈ではない場合が多々あります。

そして、なんでも理屈で考えようとする人間だと、人は情に乏しいという印象を持ちやすい傾向もあります。

まったく理屈で考えられないというのは困りものですが、理屈でしか考えられないという人も困ったものです。要はバランスが大事といったところでしょうか。

理屈抜きで話す事ができますか?

理屈抜きで話し合おうというセリフもよく聞きますが、この場合は感情としてどう思っているのか?という事でしょう。

しかし、理屈でしか話せない人ですと感情を蔑ろにしている傾向も多々ありますので、なかなか自分の感情を表に出すという事が苦手という場合もあります。

そうなってしまいますと、人間味が感じられないという印象を持たれやすくなってしまいますので、あまり人が寄りつかなくなるという結果になるのかもしれませんね。

理屈では上手くいくはずなのにという経験がありませんか?

物事というのは、理屈で解決したほうがいい場合もあれば、そうでない場合もあります。また、途中までは理屈が必用という場合もあります。

ここまでは理屈が必用で、あとは感情面での意見を聞いたり譲歩が必要だという見極めも、大人になればなるほど重要になってきたりします。

男性なので理屈で考えたほうが楽だという人も多いでしょうが、理屈で考えた答えが通用しなかったり、解決策として合っているにも関わらず運用が長続きしないというような結果を、仕事を長く続けていくうちに何度か体験したという人も多いかと思います。

ロボットばかりの社会でしたら理屈や理詰めだけでもよいのでしょうが、人間は理屈以外のものも持ち合わせているという点が人の世の難しさでもあり、また面白さでもあるのかもしれません。

涙も理屈で流れるものではありませんしね。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加