> 雑学 > プラス思考だけではダメだった!マイナス思考にもある利点とは?

プラス思考だけではダメだった!マイナス思考にもある利点とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.02.26

マイナス思考の利点とは何か?

プラス思考や、ポジティブでいかなければいけないと思っている人も多いでしょうが、これだけプラス思考やポジティブシンキングがいいという情報が溢れていますので、仕方がないといえば仕方がないのかもしれません。しかし、目の仇のようにされているマイナス思考にも利点はあるのです。

車にたとえると、プラス思考がアクセルならばマイナス思考はブレーキといったところでしょうか。以前、プラス思考ばかりの人達の会社へお邪魔したことがありました。その会社の人達は、とにかく明るくて前向きなのはいいのですが、どんな案も立ち止まって考えるということをしないのです

その案では厳しいかなぁと言っても、大丈夫!消費者はこう考えてくれるはず!と、自分達にとって都合のいいようにしか考えずに盛り上がるのです。まるで、笑いながら崖っぷちにアクセル全開でとばして行くような感じといいましょうか・・・

もちろん、商品は売れずに残ったのは在庫の山ですが、それでもプラス思考で時代が悪かったと言っていました。どう見ても、時代ではなくアクセルを踏みっぱなしがいけなかったのですが、また3回ぐらい同じような結果を出して潰れてしまったのだそうです。

プラス思考は大事ですが、無理をしてプラス思考じゃなきゃいけないと思うあまりに、危機察知能力がきかなくなるという場合もありますので、なんでもプラス思考じゃなきゃダメだという考えばかりですと、自分から大きな落とし穴に落ちてしまうことも・・・

プラス思考にこだわると逆効果?

プラス思考にこだわると、却ってマイナス思考の力が大きくなってしまうという場合も多々あります。無理をしてプラス思考にもっていってる場合には、自分に嘘をついているということに近いですから、本当の自分が首を横に振る回数も多くなっているのかもしれませんね。

思考は現実にもなりますが、プラス思考だけでなろうとするから無理があるのでしょう。光と影があり、陰と陽とがあるように、北斗と南斗もまた然りです。お互いを争わせないようにしましょう。自分からバランスを悪くすると却って結果も悪くなるのかもしれません。ただ、それまでがマイナス思考が強すぎたという人は別ですが。

自然にプラス思考になるならいいのですが、無理をして兎にも角にもプラス思考という人ほど結果が伴わないという人も多いようです。実は、そのような人の目つきと共通する目つきの人達がいます。それは、怪しい新興宗教の信者や、怪しいネットワークビジネスをやっている人達です。

無理やり自分を洗脳させようとするせいか、妙に目がギラついてくるのです。でも、それってやっぱり無理をして出してる力ですので、長続きはしないことが多いようです。プラス思考とマイナス思考の割合は、どのくらいがいいというのは人それぞれでしょうから、お風呂に入ってゆったりした時にでも考えてみるとよいかもしれません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加