> 雑学 > 頼れる男の必須スペック!力が無くても重い物が運べるコツ

頼れる男の必須スペック!力が無くても重い物が運べるコツ

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.07.14

頼れる男の必須スペック!力が無くても重い物が運べるコツ

「あれ運んで」に応えられる男に

男たるもの、女性の頼みには何かと応えられるべきです。身長が足りなくて、電球の交換を頼まれたけど結局届かず脚立頼み…ともなると、少しがっかりされてしまいます。

とは言え、身長に関しては、いきなり自分の努力で何とかなると言う物でもないので、仕方がありません。ですが、一見不可能な事でも、工夫次第で実現出来て、パートナーからのポイントを高められるものもあるので、ちょっとコツをご紹介したいと思います。

今回ご紹介するのは、重い物の移動を頼まれたときに、力に自信が無い方でも、割と簡単に運べると言うものです。

腕力ではないんです

例えば、引越し準備の作業を行っているとき。あれこれ詰め込んだ重たいダンボールを、一部屋にかためて置きたいけど、意外に重くて女の力ではどうしようも出来ない……。そこであなたの出番です。

すいすい持ち上げて移動させて、頼りになる所を見せてアピールしましょう。この時、荷物を掴んで最初に力を込める箇所は腕となるので、腕力が必要な様に思えますよね。ですが、意外にそうではないんです。肝心なのは、体全身で荷物の重さを分散しながら運ぶ事です。

腹筋や背筋も使いましょう

まず持ち方ですが、片方の手を手前下側の角に掛けます。そしてもう片方の手で、前方上側の先ほど掴んだ手前の箇所の対角線上となるの角を掴みます。下になった腕はしっかり脇を締めて、ガッチリ抱えましょう。

そして次がまず一つ目のポイントです。腕だけで持ち上げるのではなく、腰で持ち上げるイメージを持つのです。

抱えたまま、ゆっくり荷物を浮かせたら、少し後方にのけぞりましょう。下側の手を腰骨に掛ける様なイメージで、腹筋、背筋も使って全身で持ち上げるのです。体を荷物の下にもぐりこませるイメージですね。

便利なアイテムもおすすめ

この時、何も無ければただ腰付近に荷物の角を当てる形となりますが、あるアイテムがあれば、その負担をより軽減してくれます。丈夫なベルトを装着しましょう。

ベルトに荷物の端を掛けて、ちょうどフォークリフトのフォークの部分の様に使うのです。より安定が増すので、疲れにくくなりますよ。

そのまま持ち上げられたら、しっかり腕を締めて体に荷物を安定させて、運ぶ準備の完了です。移動場所まで慎重に運びましょう。

細いのに力持ち

この方法なら、脂肪も筋肉も少ない現代的な若者でも、割と楽に荷物運びが行えます。細いのに自分では運べないような重たい荷物が運べるなんて、ちょっと女の子もあなたを見直す事でしょう。

とは言え、全身を使って運ぶので、翌日などの筋肉痛は否めません。理想を言えば、やはり日頃から適度なトレーニングをしておくのがベストと言えます。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加