> 雑学 > 脳内物質で見る人間関係!セロトニンのお陰で関係向上!

脳内物質で見る人間関係!セロトニンのお陰で関係向上!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.10.07

人間関係のストレス。このストレスを切り替えてくれる脳内物質がセロトニンです。心の安定を与えてくれるセロトニンと人間関係のお話し。

セロトニンという脳内物質には様々な効果があります。例えば、人間に快感をもたらすドーパミンという物質。それから、人間に不快感をもたらすノルアドレナリン。この二つの物質を上手くコントロールするのがセロトニンです。また、セロトニンは睡眠や食欲にも影響を及ぼします。ですので、セロトニンが不足すると、睡眠不足になったりします。

このセロトニンが人間関係に及ぼす影響の中で、二つの効果を発揮してくれます。それは、気持ちを切り替えてくれる事と、思いやりを持たしてくれる事です。

人間関係の中で、心ならずも起きてしまった対人葛藤。自分の言い分や相手の言い分が葛藤となって現れた結果、とても嫌な思いをしてしまう事は誰しもあるかと思います。そして、嫌な思いを引きずってしまう場合もありますよね。特に、信頼関係が出来ていた相手との人間関係に亀裂が入った時などは、その影響は長引くかも知れません。

そんな時の心の持ち方は、気持ちの切り替えが最も大切です。その気持ちの切り替えはセロトニンのお陰なんです。もう一つの、相手を思いやるという事に関しては、例えばセロトニンが活発になると、相手の気持ちを汲み取る能力が引き上げられるんです。ですので、相手の気持ちを思いやる事が得意となります。

人間関係においては、やはり相手の気持ちになって考える、相手の立場になって考えるというのはとても大切な事ですから、そういう事を得意としてくれるのがセロトニンのもう一つの役割です。

セロトニンを増やすには?

セロトニンの増やし方を紹介します。先ずは呼吸。深呼吸をする事がおすすめです。深呼吸を意識してするためには、瞑想や座禅がおすすめです。毎日時間を決めて、例え5分でも構いませんから習慣付けをしましょう。

太陽の光を浴びてもセロトニンは増えます。朝起きた時に太陽の光を浴びると、体内時計の調節も上手く行きますので、起き抜けには太陽の光を浴びて、体を整えましょう。

涙を流してもセロトニンが増えます。泣くという行為は精神を安定させるので、実はおすすめです。他にも、適度に休憩をしたり、15分程のウォーキングも効果的です。

セロトニンを増やす食べ物もあります。例えば、納豆や、お味噌、ヨーグルト、チーズなどがセロトニンを増やしてくれる食べ物です。調味料では生姜やニンニクがおすすめです。セロトニンを増やして、ストレスに強くなりましょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加