> 雑学 > セロトニンは脳内の救世主!脳内伝達物質を使いこなして快適な毎日を

セロトニンは脳内の救世主!脳内伝達物質を使いこなして快適な毎日を

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.02.24

毎日楽しく過ごしていますか?おそらくこれに素直にYESと答えられる人はほとんどいないのではないでしょうか?

毎日ストレスばかりなのはもちろん生活のせいもあるでしょうが、あなたの内側を変えるだけで驚くほど楽しい生活を手に入れることもできるのです。今回はそんな脳内の救世主ともいえる脳内伝達物質について考えていこうと思います。

脳内伝達物質の働き

脳内伝達物質とはいったい何なのでしょうか?脳内伝達物質とは、私たちの脳内に誰にでも備わっているもので、脳内の細胞間を伝達する働きを持つ物質です。

そして、この脳内伝達物質には様々な種類があり、どの脳内伝達物質で脳内を伝達したかによってその後の気持ちや行動に差が出てきます。

私たちがイライラしたり気分がハイになったり、落ち込んだりするのは全てこの脳内伝達物質の作用によるものです。

脳内伝達物質に有名なものとしては、ドーパミンやノルアドレナリン、そして今回メインとして紹介するセロトニンなどがあります。

これらはそれぞれ役割が違い、どれも生命の維持には欠かせないものとなっています。私たちが毎日の生活の中で充実感を得るのは、ドーパミンのお陰で、ドーパミンで満たされるととてもいい気分になります。

そして、ノルアドレナリンは何か困難に立ち向かう時にとても大切な物質で、不安な気持ちになったり闘争心が高まったりします。こうしたどの脳内伝達物質で、その時の脳内が満たされているかによって気分や行動が変わってくるのです。

それぞれの伝達物質と現代におけるリスク

とはいえ、これらの脳内伝達物質にはリスクも多く存在します。ドーパミンはテンションを上げてくれたり充実した気持ちを作り出してくれる反面で、天然の麻薬と呼ばれており、気分がハイになりますが、あまり長い間分泌されていると身体にとって大きな負担となってしまいます。

ノルアドレナリンは、困難に立ち向かっていく時に必要なものではありますが、あまり多く分泌され続けるとイライラしたり憂鬱な気分となり、最終的には鬱病となってしまいます。これらの伝達物質は、多く出ると癖がついてしまい、過剰分泌に繋がってしまいます。

結果的に、現代人の多くは生活の中でストレスが多いため、このノルアドレナリンが過剰に分泌されることとなり、ストレスや不安、イライラなどを常に抱えて生活を続けたり、鬱病になっても気がつかずに生活を続けている人も少なくはありません。

ドーパミンが過剰分泌されるようになると、最終的には躁病という病気になり、楽しいことがあるわけでもないのに気持ちが高揚したままの状態となってしまうこともあります。

そして、これらが同時にくるのが躁鬱病という病気です。現代人はその中でもとくにノルアドレナリンの影響を多く受けているため、鬱病にまではならなくともその予備軍といわれる人々が五万といます。

セロトニンはバランスを整え安らぎを生み出す!

しかし、こうしたドーパミンやノルアドレナリンは、なにも普段から常に出っぱなしになっているわけではなく、本来人間にはそれを抑止する力が備わっています。それがセロトニンで、各脳内伝達物質のバランスを整えたり、過剰分泌を抑える働きがあります。

セロトニンは、その他にも脳内伝達物質として、ホッと一息ついたときのような安息感や、満足感を得ることのできる脳内伝達物質として、ストレスの多い多忙な現代人にとってはとても大切なものとなっています。

たとえば、スポーツをしたあとなどに気分が高揚した状態では、ドーパミンが多く分泌されている状態です。しかし、この状態が長らく続くと、身体に負担をかけてしまいますから、セロトニンが分泌されてドーパミンを抑制します。

それによってホッと一息ついたときのあの何ともいえない幸福感があるのです。セロトニンは現代のストレス社会を生きる私たちにとってまさに救世主のような存在で、セロトニンをしっかりとコントロールしていくことが大切です。

現代人のセロトニン不足が深刻!

しかし、残念なことに現代人にはこのセロトニンが非常に不足しているのです。セロトニンは本来私たちに備わっているものなのですが、ストレスの多い現代社会に生きていたり、幼少期の環境などによって著しく減ってしまいます。

それが原因でこれらの脳内伝達物質のバランスがとれなくなった状態では、様々な精神的な病気を引き起こしかねないのです。

先ほども説明しましたが、ノルアドレナリンは、特に現代人が多く分泌された状態にあり、長らく制御がきかない状態だと鬱病になってしまいます。

日本ではこの鬱病患者も年々広がっているだけでなく、鬱病予備軍と呼ばれる人々がかなり増えてきています。セロトニンをしっかりと増やしていくことが大切です。

そして、セロトニンを増やすには何も難しいことは必要ありません。太陽の光をじゅうぶんに毎日浴びることです。日光にはセロトニンを増やす働きの他に自律神経を整える働きもあります。

また、セントジョーンズワートというハーブに含まれる天然由来の成分をサプリメントなどで効果的に摂取していくことが、現代的な改善策としてあります。

セロトニンの増やし方と健康的な心身のあり方

セントジョーンズワートは、脳内で分泌されて吸収されてしまうセロトニンの吸収を阻害することで、セロトニンを脳内に増やそうというものです。

しかし、薬ではなくあくまでもサプリメントで、しかも天然の成分ですから副作用の心配もほとんど要らないでしょう。

セントジョーンズワートを継続的に摂取していくと、確実にセロトニンを増やしていく効果が見込めます。また、規則正しい生活習慣と太陽をしっかりと浴びて、目からその強い光を取り入れることがポイントです。

また、ノルアドレナリン自体の分泌癖を生活の中で減らしていくことも重要です。ノルアドレナリンはもともと狩猟の時代に、狩りをしていくために必要な脳内伝達物質でしたから、肉体労働をすることによって消費することができます。

つまり健全な運動こそがノルアドレナリンを減らす役目を果たすのです。そして、普段から考え方を変えるなどして、あまりイライラしてノルアドレナリンを増やさないようにしていくことがとても重要なポイントとなります。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加