> 雑学 > 典型的日本人から脱却せよ!グローバルになるための考え方

典型的日本人から脱却せよ!グローバルになるための考え方

このエントリーをはてなブックマークに追加
2012.10.24


あなたはどのくらい日本人の常識に染まっているでしょうか?ここで一度チェックしてみましょう!(チェック度が高いからといって悪いわけではありません。念の為)

「自分は自分」と思えない

あなたの意見はそうかもしれないけど、私の意見はこうだから、というやり取りが最も少ないのが日本人です。基本的にディベートする文化がないので、同調か反発か、という2極になることが多く、対立するくらいなら同調しておけ、というのが日本人らしさのようです。

他人の評価が気になる

他人と自分を比較せずに、自分の幸福を確認できますか?周囲に認められないと自分の幸福を実感できないのが日本人の発想だといわれています。

信じられないかもしれませんが、海外の人は他人よりも自分の中にある根拠で私は幸福だ、とか私は幸せだ、と考えます。

比較的温和である

日本人は本当に穏やかであるといわれています。日常的に怒ることは少ないですし、殺気立つことも他国の方に比べたら少ないようです。

暴力的な人もいるにはいますが、そういう人でさえも普段はおとなしいものです。お気楽な性格なのでしょうか?それとも他に何か理由があるのでしょうか?

ちょっと困ったことがあっても我慢する

これは前の項目を補完する形になりそうです。日本人は嫌なことや困ることがあっても敢えて主張しません。無用な対立を恐れるからです。自分が我慢すればいいや、と思って黙っているのです。しかし腹にはイライラがゆっくりと蓄積しますよねえ。たぶん。

ルールを破るべきではないと思っている

「規則を守ろう!」とか「ルール違反はしてはいけない」という基本的なモラルが高いのも日本人の特徴と言われています。

たとえそれがちょっとしたお店のヘンな規則であっても、日本人はとりあえず守ろうとします。「こんなのナンセンスだよ!」といって独自の見解を展開するのが欧米などの方です。

本音をなかなか言えない

言えませんね(笑)。日本人はとかく本音を言わない、と言われています。顔ではニコニコしていたのに、後から聞くと怒っていたとか。

そんなのはよくある風景なのですが、他国では腹が立ったら「腹が立つ!」という態度がみえみえだそうです。これはどちらが大人なのかよくわかりませんね。

ジョークや面白いことがいえない

海外の方を見ていると、定期的にジョークを言い合う習慣があります。我が日本ではあまりそれがありません。なぜかというと「注目される」からです。

あまり表舞台に立ちたくない日本人の特性なのでしょうが、それって毎日楽しいの?と聞かれると「うん一応・・」と答えるしかないですね。

電車が遅れると気になる

日本では電車が5分10分遅れると苦情が入ります。海外では「遅れるのが普通」みたいな国がわんさかあるので、日本みたいにピッタリ電車が入ってくるのは不思議なんだそうですよ。

神経質な特質がこういったところでも発揮されるんでしょうか。それとも単なる習慣?

家と外にいるときの顔(性格)は別だ

子供の頃はよく「内弁慶」といわれたことがあります。家の中でははしゃいでいるんですけど、外に出ると自分をなかなかだせないんですよね。

知らない人といきなり話したくない

「そりゃそうだろ!」と思うかもしれませんが、初対面の人でもフランクに話せる国がわりと多いのに驚かされます。だって知らない人だよ!怖いじゃん!・・というのは典型的な日本人の発想なのかもしれませんね。

心の底から悪い人なんていないと思う

かと思えば、どんな犯罪者であれ実は良い人なのではないか、良心があるのではないかと信じたくなるのが日本人です。海外のいくつかの国では、人を見たら詐欺師と思えという発想がありますから、性善説より性悪説のほうが馴染んでいるのかもしれませんね。

自分に自信がない

日本人に自信がないのは。本当に自信がないのと、あとは謙遜の心が尊重されているということもあります。

むっつりスケベである

いやこれは多いと思いますよ(笑)。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加